研究紹介

光量子工学研究領域 (RAP)

緑川 克美 (D.Eng.)
領域長
緑川 克美
(D.Eng.)

光量子工学研究領域では、光の可能性を極限まで追究し、今まで見えなかったものを見ようとしています。例えば、電子の動きを捉えるアト秒パルスレーザー、ナノメートルの世界を見る近接場光、蛍光タンパク質を用いた環境モニタリング、超高精度な光格子時計による相対論的な測地学……。見ることができれば、理解し、制御することにも近づきます。そして、新しい光技術を社会に役立てていきます。光の可能性は無限で、私たちが到達できているのはほんの一部です。光量子工学研究領域は、光科学の地平を広げていきます。

特別顧問: 池田 裕二郎 (D.Eng.)

研究主分野

総合理工

研究関連分野

複合領域 / 数物系科学 / 化学 / 工学 / 生物学

キーワード

  • アト秒科学
  • 超短パルスレーザー
  • 高強度レーザー科学
  • レーザー加工
  • 多光子顕微鏡

組織

お問い合わせ先

〒351-0198 埼玉県和光市広沢2-1

rap-info [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

関連リンク

最新の研究成果

2017年12月27日: 報道発表資料
緑内障の視神経乳頭形状の自動分類
2017年12月12日: 報道発表資料
定量的画像解析による核膜動態の解明
2017年11月14日: 報道発表資料
ゴルジ体形成の足場「GECCO」
2017年10月2日: 報道発表資料
光波長変換による後進テラヘルツ波発振を実現
2017年3月16日: 報道発表資料
鋼材の塗膜下腐食における水の動きを可視化

刊行物