広報活動

Print

2012年1月6日

理化学研究所

第6回『京速コンピュータ「京」を知る集い』を名古屋で開催

―「地震と津波の高精度予測と災害軽減」や「生命の不思議」などを例に「京」の魅力を紹介―

独立行政法人理化学研究所(野依良治理事長)は、2012年1月28日(土)に名古屋市で第6回『京速コンピュータ「京」を知る集い』を開催いたします。2011年11月に世界で最も高速なコンピュータシステムをランク付けするTOP500リストで、2期連続第1位を獲得した京速コンピュータ「京」について一般の方々の理解を深めて頂くためのものです。

第6回「知る集い」では、「京」の魅力や利用分野を分かり易く説明するとともに、「京」の活用で大きく広がる科学技術の可能性などについて事例を交えて紹介します。

注)京速コンピュータ「京(けい)」
文部科学省が推進する「革新的ハイパフォーマンス・コンピューティング・インフラ(HPCI)の構築」プログラムのもと、理研と富士通が共同で開発しているもので、2012年の共用開始を目指している。「京(けい)」は理研が決定した愛称(2010年7月に決定)で、10ペタ(10の16乗)を表す万進法の単位であるとともに、もともとは大きな門を表し、「計算科学の新たな門」という期待も込められている。

概要

  1. 主催:独立行政法人理化学研究所
  2. 日時:平成24年1月28日(土) 14:00~16:00 (受付開始 13:30)
  3. 場所:東建ホール・丸の内
    名古屋市中区丸の内二丁目1番33号 Tel: 052-232-8070
  4. 参加費:無料
  5. 参加申込み:WebまたはFax(049-259-1174)にて受付け
  6. 定員:300人(定員になり次第、申込み受付けを締め切らせていただきます)
  7. プログラム
    14:00~14:05 主催者挨拶平尾 公彦(理化学研究所計算科学研究機構 機構長)
    14:05~14:35 <講演1>世界最速スーパーコンピュータ「京」ってなあに?
    横川 三津夫(理化学研究所次世代スーパーコンピュータ開発実施本部 開発グループ グループディレクター)
    14:35~15:15 <講演2>スパコンで挑む地震と津波の高精度予測と災害軽減
    前田 拓人(東京大学 大学院情報学環 総合防災情報研究センター特任助教)
    15:15~16:00 <講演3>スーパーコンピュータが解き明かす生命の不思議
    秋山 泰(東京工業大学 大学院情報理工学研究科計算工学専攻教授)

お問い合わせ先

独立行政法人理化学研究所 計算科学研究機構 広報国際室
担当 岡田 昭彦
Tel: 078-940-5625 / Fax: 078-304-4964
aics-koho [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

報道担当

独立行政法人理化学研究所 広報室 報道担当
Tel: 048-467-9272 / Fax: 048-462-4715