研究紹介

生命機能科学研究センター

呼吸器形成研究チーム

チームリーダー 森本 充 (Ph.D.)
森本 充 (Ph.D.)

呼吸器は大気中の酸素を血液中に取り込み、代わりに二酸化炭素を排出するガス交換の場です。その特性ゆえに常に外環境と接する内臓であり、ガス交換機能と生体防御機能を同時に兼ね揃えています。呼吸器の機能は胎児期に遺伝情報に基づいて正確に構築される組織構造、細胞機能、細胞配置によって獲得されます。成体の肺でも限定的ながら組織の修復・再生能力を持っており、そのメカニズムも徐々に解明されつつあります。私たちは最先端イメージング技術や3次元幹細胞培養技術を駆使し、呼吸器の形態形成と、成体における組織再生、呼吸器疾患を解明する研究を行っています。

研究主分野

総合生物

研究関連分野

生物学

キーワード

  • 呼吸器
  • 発生、再生
  • 幹細胞
  • 組織形態形成
  • 内胚葉

主要論文

  1. Kishimoto K, Tamura M, Nishita M, Minami Y, Yamaoka A, Abe T, Shigeta M and Morimoto M.:
    “Synchronized mesenchymal cell polarization and differentiation shape the formation of the murine trachea and esophagus”
    Nature Communications, 9. 2816(2018)
  2. Tsao P, Matsuoka C, Wei SC, Sato A, Sato S, Chen HK, Ling TY, Mori M, Cardoso WV and Morimoto M.:
    "Epithelial Notch signaling regulates lung alveolar morphogenesis and airway epithelial integrity."
    Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 113: 8242-7 (2016)
  3. 野口雅史 and 森本充:
    "臓器の多彩な細胞パターン形成を指揮するNotch"
    『実験医学;Notchシグナルの新世紀』羊土社,34巻3号 (2016)
  4. Noguchi M, Sumiyama K and Morimoto M.:
    "Directed migration of pulmonary neuroendocrine cells toward airway branches organizes the stereotypic location of neuroepithelial bodies."
    Cell Rep 13.2679-2686 (2015)
  5. The FANTOM consortium (Morimoto M. is the152th in 261 authors):
    "A promoter-level mammalian expression atlas."
    Nature 507.462-470 (2014)
  6. The FANTOM consortium. (Morimoto M. is the 47th name listed out of 110 authors):
    "Transcribed enhancers lead waves of coordinated transcription in transitioning mammalian cells."
    Science 347.1010-4 (2015)
  7. *Morimoto M, (Nishinakamura R, Saga Y and Kopan R.:)
    "Different assemblies of Notch receptors coordinate the distribution of the major bronchial Clara, ciliated and neuroendocrine cells."
    Development 139.4365-73 (2012)
  8. *Morimoto M, (Liu Z, Cheng HT, Winters N, Bader D and Kopan R.:)
    "Canonical Notch signaling in the developing lung is required for determination of arterial smooth muscle cells and selection of Clara versus ciliated cell fate."
    J Cell Sci 123.213-24 (2010)
  9. *Morimoto M. and Kopan R.:
    "tTA toxicity limits the usefulness of the SP-C-rtTA transgenic mouse."
    Dev Biol 325.171-8 (2009)
  10. *Morimoto M, (Takahashi Y, Endo M and Saga Y.:)
    "The Mesp2 transcription factor establishes segmental borders by suppressing Notch activity."
    Nature 435.354-9 (2005)

メンバーリスト

主宰者

森本 充
チームリーダー

メンバー

岸本 圭史
研究員
田村 可奈
研究員
清川 寛文
基礎科学特別研究員
松岡 智沙
テクニカルスタッフⅠ
山岡 玲
テクニカルスタッフⅡ
榎本 泰典
研修生
小林 亮太
研修生

お問い合わせ先

〒650-0047 兵庫県神戸市中央区港島南町2-2-3 理研BDR 発生・再生研究棟A 6階

mmorimoto [at] cdb.riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

関連リンク

最新の研究成果

刊行物