研究紹介

計算科学研究センター

連続系場の理論研究チーム

チームリーダー 青木 保道 (Ph.D.)
青木 保道 (Ph.D.)

素粒子の基本法則として数多の実験観測事象を説明する標準模型からの重要な予言(高温や高密度の極限状態での標準模型の振る舞いや、ハドロン反応を用いた標準模型の精密検証と標準模型を超える物理の探索など)は、標準模型中のQCD(量子色力学)の複雑な動力学を数値的に解くことで初めて得られます。ここで用いる格子QCDの数値計算は、近年現実的なパラメタ設定で行うことが可能になってきており、さまざまな物理過程に対して第一原理からの予言を行うことが可能となってきました。しかし、残された問題も数多く存在し、そこでの系統誤差の制御には、連続時空で実現していた対称性の多くを格子上でも保つ妥協のない手法による解析が有効です。これらの研究のために「富岳」の能力を最大限に発揮させるべく、アルゴリズム、解析手法の開発、コード開発を行うとともに、既存の計算機による研究を並行して進めていきます。模型の第一原理からの計算の結果が、その模型が担うエネルギー階層の上下との橋渡しとなり、開闢から現在にいたる宇宙の進化と物質生成のメカニズムの理解につながることを目指します。

研究主分野

数物系科学

物理学 / 素粒子

キーワード

  • 素粒子論
  • 格子ゲージ理論
  • 大規模数値計算

主要論文

「*」は、理研外のみでの成果です。
  1. Izubuchi, T, Kuramashi, Y, Lehner, C., and Shintani, E.:
    “Finite-volume correction on the hadronic vacuum polarization contribution to muon g-2 in lattice QCD”
    Phys. Rev. D 98, 054505, 1-13. (2018).
  2. Kadoh, D., Kuramashi, Y., Nakamura, Y., Sakai, R., Takeda, S., and Yoshimura, Y.:
    “Tensor network formulation for two-dimensional lattice N=1 Wess-Zumino model”
    J. High Energ. Phys. 03, 141 (2018).
  3. Aoki, Y., Izubuchi, T., Shintani, E., and Soni, A.:
    “Improved lattice computation of proton decay matrix elements”
    Phys. Rev. D 96, 014506, 1–17. (2017).
  4. Aoki, Y., et al.: (LatKMI Collaboration)
    “Light flavor-singlet scalars and walking signals in Nf = 8 QCD on the lattice”
    Phys. Rev. D 96, 014508-1–57. (2017).
  5. Chambers, A. J., Dragos, J., Horsley, R., Nakamura, Y. et al.:
    “Electromagnetic form factors at large momenta from lattice QCD”
    Phys. Rev. D 96, 114509 (2017).
  6. Jin, X.-Y., Kuramashi, Y., Nakamura, Y., Takeda, S., and Ukawa, A.:
    “Critical point phase transition for finite temperature 3-flavor QCD with nonperturbatively O(a) improved Wilson fermions at Nt =10”
    Phys. Rev. D 96, 034523 (2017).
  7. Aoki, Y., Ishikawa, T., Izubuchi, T., Lehner, C., and Soni, A.:
    “Neutral B meson mixings and B meson decay constants with static heavy and domain-wall light quarks”
    Phys. Rev. D 91, 114505-1–34. (2015).
  8. *Aoki, Y., et al.: (LatKMI Collaboration).
    “Light composite scalar in twelve-flavor QCD on the lattice”
    Phys. Rev. Lett. 111, 162001. (2013).
  9. Aoki. Y., et al.: (RBC and UKQCD Collaborations).
    “Continuum Limit Physics from 2+1 Flavor Domain Wall QCD”
    Phys. Rev. D 83, 074508-1–72. (2011).
  10. *Aoki, Y., Endrodi, G., Fodor, Z., Katz, S., Krieg, S., and Szabo, K.:
    “The order of the quantum chromodynamics transition predicted by the standard model of particle physics”
    Nature 443, 675–678. (2006).

メンバーリスト

主宰者

青木 保道
チームリーダー

メンバー

中村 宜文
研究員
金森 逸作
研究員
青木 慎也
客員主管研究員
橋本 省二
客員主管研究員

お問い合わせ先

〒650-0047 兵庫県神戸市中央区港島南町7-1-26
研究棟(計算科学研究センター)

Tel:078-940-5662
Fax:078-304-4961

yasumichi.aoki [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

関連リンク