広報活動

RSS Print

2018年5月7日

『理研ニュース』2018年5月号、本日発行!

『理研ニュース』2018年5月号、本日発行しました!

今月の「研究最前線」は、宇宙最大規模の爆発現象である超新星とガンマ線バーストのメカニズムに迫る「大質量星はなぜ爆発する?」と、未知の原子核の探索に挑む「原子核のフロンティアをBigRIPSで開拓する」の2本です。

ぜひご覧ください!

目次

  • 研究最前線
    大質量星はなぜ爆発する?
    原子核のフロンティアをBigRIPSで開拓する
  • FACE
    一夜だけのきのこ、ヒトヨタケを狙うモノトリ屋
    手のひらに載る光源でテラヘルツ波を発生させた研究者
  • SPOT NEWS
    発光イメージングで生体の毛周期をモニタリングする
  • TOPICS
    人工皮膚「Advanced Skin™」、販売開始
    理化学研究所-広島大学の連携・協力の推進に関する基本協定の締結、共同研究拠点設置について
    新理事に加藤重治氏、小寺秀俊氏、美濃導彦氏
    生命機能科学研究センター長に西田栄介氏
    脳神経科学研究センター長に宮下保司氏
    計算科学研究センター長に松岡 聡氏
  • 原酒
    理研横浜地区の野鳥