広報活動

RSS Print

2018年10月29日

「第56回 理研イブニングセミナー」、開催のお知らせ

理研の研究成果と研究活動を産業界の方々にご紹介する場として、企業の方に向けたイブニングセミナーを開催いたします。
理研の技術活用をお考えいただくきっかけとしていただければ幸いです。

開催日 2018年12月5日(水) 17:30-18:30
※講演後に名刺交換などの交流の時間を設けます。
場所 健康生き活き羅針盤リサーチコンプレックス三宮拠点
兵庫県神戸市中央区雲井通5-3-1 サンパル7階
対象 企業の方限定
定員 40名 先着順 ※事前登録制
参加費 無料
参加申し込み

参加ご希望の方は、会社名、氏名、メールアドレスを記載の上、
件名を『12/5 理研イブニングセミナー参加申込』として、下記のメールアドレス宛にお申し込み下さい。
Email: evening-seminar[at]riken.jp ※[at]は@に置き換えてください。

〆切: 2018年11月28日

ポスター PDF
お問合せ先 イノベーション事業本部 企業共創部 (イブニングセミナー事務局)
Tel:048-467-4346
E-mail:evening-seminar[at]riken.jp ※[at]は@に置き換えてください。
スケジュール
第56回
2018年12月5日(水)
[神戸開催]

泰地 真弘人

「創薬シミュレーション専用計算機「MDGRAPE-4A」の開発秘話」

分子動力学シミュレーションは、タンパク質の構造最適化、タンパク質と薬剤の結合自由エネルギー計算など、様々な形で創薬への応用が進んでいます。
タンパク質は生体内で大きく形を変えながら働いていますが、その変化はゆっくりとしており、1ミリ秒(1/1000秒)付近までの計算が望まれています。
しかし、京などの普通のスパコンでは、並列化の難しさのため、計算に1年以上の時間がかかってしまいます。この問題を解決するため、我々のグループでは、通常のスパコンに比べ10倍以上の加速を可能にする分子動力学計算専用計算機MDGRAPE-4Aの開発を進めています。このために専用のLSIの開発まで行いました。
現在はシステムの製造中で、2018年度中には完成させ、2019年度以降ユーザに提供する計画です。
講演ではシステム開発およびその応用可能性について紹介します。

発表者:泰地 真弘人(生命機能科学研究センター 計算分子設計研究チーム)