広報活動

Print

2018年5月31日

物質・材料研究機構
東京大学大学院理学系研究科
理化学研究所
京都工芸繊維大学

電子伝導性配位構造体を用いたエネルギー貯蔵機構の発見

NIMSと東京大学、理化学研究所、京都工芸繊維大学による研究チームは、結晶構造を自在に制御できる電子伝導性配位構造体が、蓄電池の電極材料として有望であることを発見しました。今回の研究成果を基盤に、現在使われている酸化物以外の電極材料探索の可能性が広がり、蓄電池の更なる高性能化に貢献できると期待されます。

詳細は物質・材料研究機構のホームページをご覧ください。

報道担当

理化学研究所 広報室 報道担当
Tel: 048-467-9272 / Fax: 048-462-4715
お問い合わせフォーム

このページのトップへ