広報活動

Print

2018年7月26日

横浜ゴム株式会社
理化学研究所
日本ゼオン株式会社

横浜ゴム、バイオマスからイソプレンを生成する世界初の新技術を開発

-新しい人工経路と酵素で優れたイソプレン生成能を持つ細胞の創製に成功-

横浜ゴム㈱は、国立研究開発法人理化学研究所、日本ゼオン㈱との共同研究により、バイオマス(生物資源)から効率的にイソプレンを生成できる世界初の新技術を開発しました。イソプレンは自動車タイヤなどの原料として使われる合成ゴム(ポリイソプレンゴム)の原料として使用されます。現在、イソプレンはナフサ熱分解の副生成物として工業的に生産されていますが、イソプレン生成技術を確立することにより、石油への依存度が低減でき、地球温暖化の原因となる二酸化炭素削減に貢献できます。

詳細は横浜ゴム株式会社のホームページをご覧ください。

報道担当

理化学研究所 広報室 報道担当
Tel: 048-467-9272 / Fax: 048-462-4715
お問い合わせフォーム

このページのトップへ