広報活動

Print

2018年8月31日

東北大学
産業技術総合研究所
理化学研究所

人工知能でタンパク質を自動設計

東北大学、産業技術総合研究所、理化学研究所の共同研究グループは、人工知能と実験を組み合わせることで、タンパク質の機能改変を従来よりも大幅に効率化する手法の開発に成功しました。共同研究グループは、緑色蛍光タンパク質を黄色蛍光タンパク質(YFP)へ改変する問題に本手法を適用して、既知YFPよりも蛍光性能の高い新規YFPを多数発見することに成功しました。

本手法は、抗体や酵素などの医療・食品・環境で役立つ様々な機能性タンパク質の開発を加速することが期待されます。

詳細は、東北大学のホームページをご覧ください。

報道担当

理化学研究所 広報室 報道担当
Tel: 048-467-9272 / Fax: 048-462-4715
お問い合わせフォーム

このページのトップへ