広報活動

Print

2018年10月6日

東京薬科大学
理化学研究所
兵庫医科大学
熊本大学

炎症の回復期に出現し、組織修復を促す新しい免疫細胞を発見

-炎症性疾患や組織傷害の新たな治療標的として期待-

東京薬科大学生命科学部免疫制御学研究室の池田直輝大学院生(現 北海道大学 遺伝子病制御研究所助教)、浅野謙一准教授、田中正人教授の研究グループは、理化学研究所(福山英啓副チームリーダー、岡村千絵子テクニカルスタッフ、渡辺貴志上級研究員)兵庫医科大学(大村谷昌樹教授)熊本大学(荒木喜美教授)と共同で、炎症や組織傷害の回復期に出現する新しい単球細胞を発見しました。この細胞は、健常時や炎症・組織傷害の急性期にはほとんど存在しませんが、回復期になると骨髄で盛んに作られ、血液中に送りだされます。この単球細胞が組織傷害部位に集積すると、炎症抑制や組織修復に関わるタンパク分子を産生し、傷ついた組織の修復に寄与します。この単球細胞を消去したマウスでは、腸炎の回復が遅延したことから、この細胞が炎症収束や組織修復に担う役割の重要性が証明されました。

詳細は東京薬科大学の報道発表資料 PDFをご覧ください。

報道担当

理化学研究所 広報室 報道担当
Tel: 048-467-9272 / Fax: 048-462-4715
お問い合わせフォーム

このページのトップへ