広報活動

Print

2018年11月8日

九州大学
理化学研究所

ナノ多孔性材料を室温で高核偏極化することに世界で初めて成功

-生体分子の高感度MRI観測へ新たな道-

九州大学大学院工学研究院の楊井伸浩准教授、君塚信夫教授らの研究グループは、理化学研究所開拓研究本部の立石健一郎協力研究員、上坂友洋主任研究員らとの共同研究により、室温における生体分子の高感度MRI観測に繋がるナノ多孔性材料の核偏極化を行いました。多孔性材料として近年注目を集める多孔性金属錯体(MOF)を用い、Triplet-DNPによってMOF骨格の1H核を室温で高偏極化することに成功しました。偏極が保たれる時間を長くするため部分的に重水素化を施したMOFに新たに設計した偏極源(ペンタセン誘導体)を導入し、得られた複合体に対して光照射による電子スピンの偏極の生成とマイクロ波照射による1H核への偏極移行を行いました。このTriplet-DNP処理後に複合体のNMR信号強度に明確な増強が見られ、MOF骨格の1H核が約50倍高偏極化されたことが確認されました。

詳細は九州大学のホームページをご覧ください。

報道担当

理化学研究所 広報室 報道担当
Tel: 048-467-9272 / Fax: 048-462-4715
お問い合わせフォーム

このページのトップへ