広報活動

Print

2018年11月27日

東京大学
富山大学
理化学研究所

メチルは端だが役に立つ?

-mRNAのキャップ構造におけるm6A修飾酵素の同定-

東京大学大学院工学系研究科 化学生命工学専攻の鈴木勉教授、東京大学大学院理学系研究科 生物科学専攻の濡木理教授らを中心とした東京大学、富山大学、理化学研究所の研究グループは、mRNAのキャップ構造におけるm6A修飾酵素CAPAMを同定し、X線結晶構造解析からCAPAMの基質認識機構を明らかにしました。またキャップ構造におけるm6A修飾の担う機能としてmRNAの翻訳を促進していることを見出しました。

詳細は東京大学工学部のホームページをご覧ください。

報道担当

理化学研究所 広報室 報道担当
Tel: 048-467-9272 / Fax: 048-462-4715
お問い合わせフォーム

このページのトップへ