広報活動

Print

2019年6月18日

九州大学
理化学研究所

日本人における定型網膜色素変性の遺伝的特徴を解明

-病因の把握により、治療法の開発・治療適応の選定に期待-

九州大学大学院医学研究院眼科学分野の秋山雅人講師および小柳俊人大学院生、池田康博准教授、園田康平教授、理化学研究所生命科学研究センターの鎌谷洋一郎チームリーダー(研究当時)、桃沢幸秀チームリーダー、久保充明副センター長(研究当時)らの共同研究グループは、1,204名の定型網膜色素変性患者の遺伝子解析を行い、日本人患者で多く認められる原因遺伝子とその変異を明らかにしました。

網膜色素変性は、眼の光を感じる部位である網膜に変性をきたし、進行性の視覚障害を起こす病気です。日本の中途失明原因の第2位であり、約3万人の患者さんが日本にいると考えられています。遺伝子の異常が原因である遺伝性疾患で、80種類以上の原因遺伝子が報告されています。現時点で確立された有効な治療法はありませんが、近年では、九州大学病院でも臨床研究を進めている(注1.)遺伝子治療が検討されてきており、病気の進み方が原因遺伝子により異なることも知られていることから、原因遺伝子や変異を特定する重要性は高まっています。これまで欧米を中心に多数例での遺伝学的研究が進められてきましたが、日本人における検討は比較的小規模なものに限られていました。

今回、共同研究グループは本邦の6施設(九州大学、順天堂大学、東北大学、名古屋大学、浜松医科大学、およびわだゆうこ眼科クリニック)にて収集された日本人の定型網膜色素変性患者1,204名のDNAサンプルを用いて、83の原因遺伝子の翻訳領域(タンパクに翻訳される部分)の全塩基配列を対象に調査を行いました。理化学研究所生命医科学研究センターで解析を行い、本邦の定型網膜色素変性で特徴的な原因遺伝子と変異を明らかにすることに成功しました。

本研究により、日本人における当疾患の病因の把握や、将来的な治療法の開発やその適応の選定に役立つことが期待されます。また、本研究成果は、厚生労働省難治性疾患克服研究事業「網膜脈絡膜・視神経萎縮症に関する調査研究」が運用する、日本網膜色素変性レジストリプロジェクト(JRP-RP)で活用される予定です。

詳細は九州大学のホームページをご覧ください。

報道担当

理化学研究所 広報室 報道担当
Tel: 048-467-9272 / Fax: 048-462-4715
お問い合わせフォーム

このページのトップへ