広報活動

Print

2012年8月13日

理化学研究所

俳優座劇場プロデュース「東京原子核クラブ」開催のご報告

理化学研究所 広報室は、俳優座劇場プロデュースによる「東京原子核クラブ」最終公演を7月23日(月)に開催いたしました。

本作品は、理研を代表するノーベル物理学賞受賞 朝永振一郎博士をモデルとした青春群像劇で2006年から上演されていたものです。しかし、残念ながら今年の7月をもって終了することになりました。

そこで、理研の歴史や科学者を通して、理研への更なる理解を深めていただくため、和光市文化振興公社、和光市、和光市教育委員会の協力のもと、地域貢献型事業として本当の最終公演を和光市民文化センター サンアゼリア 大ホールで開催いたしました。

当日は700名近くの方にご来場いただき、多くの方々からご好評を頂きました。また、本公演のチケット売上金50万5千円は、「桃・柿育英会 東日本大震災遺児育英資金」に寄付いたしました。本活動にご協力いただいた皆様に寄付金の払い込みが完了したことをご報告いたしますとともに、温かいご支援に心より感謝申し上げます。

集合写真桃・柿育英会 東日本大震災遺児育英資金 御礼状