広報活動

Print

2014年11月18日

理化学研究所

香取 秀俊 主任研究員が紫綬褒章を受章

香取秀俊主任研究員

香取秀俊主任研究員(香取量子計測研究室)は、光格子時計と呼ばれる極めて高精度の時計を発明した業績が評価され、2014年秋の紫綬褒章を受章しました。

光格子時計は、超精密分光技術・原子時計技術として、原子物理学研究に大きな影響を与えるとともに、次世代の原子時計としてGPSに代わる将来の時計インフラ構築の鍵となることが期待されています。