広報活動

Print

2016年4月11日

理化学研究所

超伝導磁石の世界最高記録を達成

理化学研究所、物質・材料研究機構、ジャパンスーパーコンダクタテクノロジー株式会社、株式会社JEOL RESONANCE、千葉大学からなる共同研究グループは、超伝導磁石の世界最高記録となる27.6テスラの定常磁場の発生に成功しました(2016年4月1日現在)。この超伝導磁石は、2種類の高温超伝導ワイヤで構成される新開発の高温超伝導コイルと、低温超伝導コイルを組み合わせる新しい設計方法により実現したものです。これにより、共同研究グループが開発を目指す、高磁場でありながらコンパクトなNMR装置の実現に一歩近づきました。本研究開発は、科学技術振興機構の研究成果展開事業・戦略的イノベーション創出推進プログラムによって実施されました。

(詳細はこちらをご覧ください)

図 27.6テスラの定常磁場発生に成功した超伝導磁石

2種類の高温超伝導ワイヤ(ビスマス系・レアアース系)を併用した高温超伝導コイルを、17テスラの大口径低温超伝導コイルの内部に設置した。2つのコイルを同時に励磁させることにより、27.6テスラの定常磁場発生に成功した(実験日:2016年1月20日)。