広報活動

Print

2017年1月1日

理化学研究所

森田グループが2016年度朝日賞を受賞

森田浩介グループディレクターの写真

森田浩介グループディレクター(仁科加速器研究センター 超重元素研究グループ、本務:九州大学大学院理学研究院教授)を代表とする113番元素研究グループ(森田グループ)が2016年度朝日賞を受賞することが発表されました。朝日賞は、学術、芸術などの分野で傑出した業績をあげ、わが国の文化、社会の発展、向上に多大の貢献をされた個人または団体に贈呈されるものです。

関連リンク
朝日賞

各受賞者の業績及びコメント

代表 森田浩介 仁科加速器研究センター 超重元素研究グループ グループディレクター

受賞業績

113番元素ニホニウム(Nh)の発見と命名

コメント

今回、栄えある朝日賞をいただくことになり、研究グループ一同、大変嬉しく思っております。本研究は、多くの皆様からの応援をいただきながら進めてまいりました。皆様に心より感謝いたします。本受賞はさらなる新元素発見という次のステップへの励ましと受け止めております。今後ともよろしくお願い致します。