広報活動

Print

2017年11月2日

理化学研究所

宮脇敦史副センター長が紫綬褒章を受章

宮脇敦史副センター長の写真

宮脇敦史副センター長(脳科学総合研究センター)は、生物物理学分野におけるバイオイメージング技術開発において先駆的な発見を重ねた業績が評価され、平成29年秋の紫綬褒章を受章することが決定しました。伝達式は11月14日に執り行われる予定です。

バイオイメージング技術は、数十マイクロメートルという大きさの細胞で働くタンパク質や物質を可視化することで、さまざまな生命現象のダイナミクスの理解を目指しています。今後もさまざまな蛍光タンパク質を中心とした技術の開発によって、より複雑な生命現象の解明に貢献されることが期待されています。