広報活動

Print

2019年3月18日

医薬基盤・健康・栄養研究所
理化学研究所
株式会社 富士通九州システムズ

創薬支援インフォマティクスシステム構築事業成果の商用化について

3月15日、国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所(医薬健栄研、理事長 米田 悦啓)及び国立研究開発法人理化学研究所(理研、理事長 松本 紘)は、医薬品創製の研究初期における候補化合物のふるい分けや、構造最適化段階における分子設計を効率的におこなうために、薬物動態と毒性を中心としたインシリコの統合解析プラットフォーム(データベース、モデリング機能、予測機能から成るシステム)を構築し、株式会社 富士通九州システムズ(富士通九州、代表取締役社長 石井 雄一郎)で商用化することを決定し、三者で覚書を締結いたしました。

今後、医薬健栄研と理研が構築する薬物動態と心毒性に関する予測機能を富士通九州のシステムに搭載し、2020年度初旬のリリースを目指します。

詳細は医薬基盤・健康・栄養研究所のホームページをご覧ください。