広報活動

Print

2019年5月30日

理化学研究所

「京」シャットダウンおよびセレモニー開催について

-「京」から「富岳」へ-

理化学研究所(理研)計算科学研究センターは、2012年9月より共用を行っていたスーパーコンピュータ「京」[1]について、2019年8月16日に共用資源の提供を終了し、同月30日にシャットダウンいたします。

なお、シャットダウンにあたっては、招待者向けの「京」シャットダウンセレモニーを理研計算科学研究センター(神戸市中央区)にて同日午後に開催する予定です。

理研では「京」をシャットダウンするとともに、新名称の決まった後継機のスーパーコンピュータ「富岳」[2]、注1)の開発・整備を推進していきます。

※セレモニーの詳細および取材に関するご案内は8月に行う予定です。

注1)2019年5月23日プレスリリース「ポスト「京」の名称 「富岳(ふがく)」に決定

補足説明

  1. スーパーコンピュータ「京(けい)」
    文部科学省が推進する革新的ハイパフォーマンス・コンピューティング・インフラ(HPCI)の中核システムとして、理化学研究所と富士通株式会社が共同で開発を行い、2012年9月に共用を開始した、計算速度10ペタフロップス級のスーパーコンピュータ。
  2. スーパーコンピュータ「富岳(ふがく)」
    スーパーコンピュータ「京」の後継機。2020年代に、社会的・科学的課題の解決で日本の成長に貢献し、世界をリードする成果を生み出すスーパーコンピュータ。2014年度から開始された文部科学省のポスト「京」開発事業の下、理研計算科学研究センターが「富岳(ふがく)」を開発整備し2021年頃の共用開始を目指している。

問い合わせ先、機関窓口

問い合わせ先
理化学研究所 神戸事業所 計算科学研究推進室(広報グループ)
Tel: 078-940-5800
E-mail:r-ccs-koho[at]ml.riken.jp

機関窓口
理化学研究所 広報室 報道担当
Tel: 048-467-9272 / Fax: 048-462-4715
E-mail:ex-press[at]riken.jp

※上記の[at]は@に置き換えてください。