広報活動

Print

2019年5月30日

理化学研究所

「Society 5.0に向けた高性能計算科学研究支援及び研究者育成支援に関する寄附金」の募集について

理化学研究所(理研)計算科学研究センターは、Society 5.0の実現およびスーパーコンピュータ「富岳」[1]のさらに先を見据え、様々な高性能計算科学に係る研究の進展を目指すとともに、国内外での学生の交換留学、研究者の派遣、招聘、インターンシップをさらに拡大し、これらを行う研究者の育成を行うための寄附金を募集いたします。なお、ご寄附いただいた方への独自の特典として、「京」[2]で実際に利用されていたCPUなどを提供いたします。

寄附金事業概要

名称

Society 5.0に向けた高性能計算科学研究支援及び研究者育成支援に関する寄附金

事業名

Society 5.0に向けた高性能計算科学研究支援及び研究者育成支援事業

代表者

国立研究開発法人 理化学研究所 計算科学研究センター
センター長 松岡 聡

募集期間

2019年5月30日(木)から2021年3月31日(水)

応募の方法および手続き

下記、理研のホームページよりお願いいたします。

募集特定寄附金

問い合わせ先

〒650-0047 兵庫県神戸市中央区港島南町7-1-26
理化学研究所 神戸事業所 計算科学研究推進室(企画グループ)
Tel: 078-940-5555(代表) / Fax: 078-304-4956
E-mail:r-ccs-kikaku[at]ml.riken.jp

寄附金についてのお問い合わせ
理化学研究所 外部資金室 寄附金担当
Tel: 048-462-4955
E-mail:kifu-info[at]riken.jp

※上記の[at]は@に置き換えてください。

寄附金事業内容と趣旨

事業内容

Society 5.0の実現およびスーパーコンピュータ「富岳」のさらに先を見据えた様々な高性能計算科学に係る研究に関する以下のような活動に取り組みます。

  • Society 5.0に向けた様々な高性能計算科学に係る研究活動の支援
  • センターにおける人材育成事業の支援
    (国内外での学生の交換留学、研究者の派遣、招聘、インターンシップ等)
  • その他、上記の事業を実施するための研究環境の整備や広報活動等

趣旨

Society 5.0とは、狩猟社会(Society 1.0)、農耕社会(Society 2.0)、工業社会(Society 3.0)、情報社会(Society 4.0)に続く、新たな社会を指すもので、第5期科学技術基本計画において我が国が目指すべき未来社会の姿として初めて提唱されました。IoT(Internet of Things)、ロボット、AI(人工知能)、ビッグデータといった社会の在り方に影響を及ぼす新たな技術をあらゆる産業や社会生活に取り入れ、経済発展と社会的課題の解決を両立していく新たな社会の実現を目指すこととしています。

そのような社会を実現するための技術として、高度なシミュレーション・データ解析・人工知能を可能とする高性能計算の進化は必要不可欠です。理化学研究所計算科学研究センターは、世界最高レベルのスーパーコンピュータである「京」やスーパーコンピュータ「富岳」を擁するだけでなく、高性能な計算科学を推進する世界トップレベルの中核拠点の研究センターとして、「計算の科学」「計算による科学」を探求し、それら両面からの高度な相乗効果により卓越した「計算のための科学」を確立することを目指しており、科学技術の新たな価値創出のコアとなる高性能計算のテクノロジーおよびソフトウェアの発展、国内外での普及、成果の創出を進めています。

本プロジェクトでは、Society 5.0の実現およびスーパーコンピュータ「富岳」のさらに先を見据え、様々な高性能計算科学に係る研究の進展を目指すとともに、国内外での学生の交換留学、研究者の派遣、招聘、インターンシップをさらに拡大し、これらを行う研究者の育成を行います。

独自の特典

学会発表時の謝辞やHPへの掲載等を行います。
また、ご希望に応じて本センターが開催するイベント等のご案内もお送りする予定です。
なお、本プロジェクトに対して、一定金額以上のご寄附(累計)をいただいた方には、ご希望に応じて次の特典をお送りいたします。

  • 50,000円以上(先着1,000個、寄附者1団体・1個人につき1個まで)
    スーパーコンピュータ「京」で実際に使用されていたCPUを活用したグッズ 1個(シリアルナンバー付き)

この他、特に高額のご寄附をいただいた方には、ご希望に応じて「京」コンピュータで実際に使用されていたシステムボードや「京」ロゴ入り化粧板をお送りすることが可能ですので、その場合は個別にご連絡いたします。
独自の特典に関する注意事項等も含めて、詳細は、下記URLをご確認ください。

募集特定寄附金

CPUの写真

CPU

システムボードの写真

システムボード

京ロゴ入り化粧板の写真

「京」ロゴ入り化粧板

税法上の優遇措置について

理研は、所得税法及び法人税法の定める「特定公益増進法人」であり、理研への寄附金は「特定寄附金」及び「特定公益増進法人に対する寄附金」に該当します。確定申告を行うことで、国税(所得税又は法人税)及び地方税(個人住民税)について、税法上の優遇措置を受けることができます。詳細は、下記URLをご確認ください。

寄附者特典 税法上の優遇措置について

補足説明

  1. スーパーコンピュータ「富岳(ふがく)」
    スーパーコンピュータ「京」[2]の後継機。2020年代に、社会的・科学的課題の解決で日本の成長に貢献し、世界をリードする成果を生み出すスーパーコンピュータ。2014年度から開始された文部科学省のポスト「京」開発事業の下、理研計算科学研究センターが「富岳(ふがく)」を開発整備し2021年頃の共用開始を目指している。
  2. スーパーコンピュータ「京(けい)」
    文部科学省が推進する革新的ハイパフォーマンス・コンピューティング・インフラ(HPCI)の中核システムとして、理化学研究所と富士通株式会社が共同で開発を行い、2012年9月に共用を開始した、計算速度10ペタフロップス級のスーパーコンピュータ。

機関窓口

理化学研究所 広報室 報道担当
Tel: 048-467-9272 / Fax: 048-462-4715
E-mail:ex-press[at]riken.jp

※上記の[at]は@に置き換えてください。