広報活動

Print

2019年6月28日

九州大学
理化学研究所

九大・理研連携研究拠点を設置、マッチングファンドによる共同研究プログラムを創設

九州大学(九大)と理化学研究所(理研)は、連携・協力の推進に関する基本協定書(平成27年3月30日締結)に基づく活動をより一層強力に推し進めるため、「九大・理研連携研究拠点の設置に関する覚書」を、令和元年5月1日に取り交わしました。

これにより、九大に「科学技術ハブ」の推進組織となる九大・理研連携研究拠点、通称、理研-九大科学技術ハブが設置され、研究開発ネットワークの形成・強化、我が国の科学力の充実そして、イノベーション創出の推進が一層進むことになります。連携研究拠点長には、九大の大戸茂弘研究担当副理事が就任します。

また、九大と理研では、それぞれ1,000万円をマッチングファンド形式で拠出し、若手研究者の育成を推進する組織的な共同研究プログラム「理研-九大 科学技術ハブ 共同研究プログラム」を創設しました。これは、理研が国内の大学とマッチングファンド型共同研究プログラムを創設する初めての事例で、九大にとってもこのような連携事業は初めての事例となります。

詳細は九州大学のホームページをご覧ください。