研究紹介

Home > 研究紹介 > 革新知能統合研究センター > 汎用基盤技術研究グループ >

革新知能統合研究センター

因果推論チーム

チームリーダー 清水 昌平 (D.Eng.)
清水 昌平 (D.Eng.)

自然現象や人間行動の根底にある因果メカニズムを解明するための数理的方法論に関する研究・教育を行います。特に、介入のない観察データから因果関係を推定するための数学的方法論を研究開発し、従来の限界を超える新しい方法論体系を構築します。また、実質科学の研究者と協力して自然科学・社会科学などの基礎科学や工学・医学などの応用科学の問題にも取り組み、方法論の立場から問題の解決に貢献することを目指します。

研究主分野

コンピューター科学

研究関連分野

生物学 & 生化学 / 神経科学 & 行動科学 / 心理学 & 精神医学 / 経済 & 経営学

研究テーマ

  • 因果探索

主要論文

「*」は、理研外のみでの成果です。
  1. *Shimizu, S., and Bollen, K.:
    "Bayesian estimation of causal direction in acyclic structural equation models with individual-specific confounder variables and non-Gaussian distributions"
    Journal of Machine Learning Research, 15, 2629-2652 (2014).
  2. *Shimizu, S., Inazumi, T., Sogawa, Y., Hyvärinen, A., Kawahara, Y., Washio, T., Hoyer, P. O., and Bollen, K.:
    "DirectLiNGAM: A direct method for learning a linear non-Gaussian structural equation model"
    Journal of Machine Learning Research, 12, 1225--1248 (2011).
  3. *Shimizu, S., Hoyer, P. O., Hyvärinen, A., and Kerminen, A.:
    "A linear non-gaussian acyclic model for causal discovery"
    Journal of Machine Learning Research, 7, 2003--2030 (2006).
  4. *Tashiro, T., Shimizu, S., Hyvärinen, A., and Washio, T.:
    "ParceLiNGAM: A causal ordering method robust against latent confounders"
    Neural Computation, 26, 57--83 (2014).
  5. *Hoyer, P.O., Shimizu, S., Kerminen, A., and Palviainen, M.:
    "Estimation of a structural vector autoregression model using non-Gaussianity"
    International Journal of Approximate Reasoning, 49, 362-378 (2008).
  6. *Hyvärinen, A., Zhang, K., Shimizu, S., and Hoyer, P.O.:
    "Estimation of causal effects using linear non-gaussian causal models with hidden variables"
    Journal of Machine Learning Research, 11, 1709-1731 (2010).

お問い合わせ先

〒522-8522 滋賀県彦根市馬場1丁目1-1 滋賀大学 データサイエンス棟

shohei-shimizu [at] biwako.shiga-u.ac.jp
※[at]は@に置き換えてください。

関連リンク

Home > 研究紹介 > 革新知能統合研究センター > 汎用基盤技術研究グループ >