研究紹介

生命機能科学研究センター

分子標的化学研究チーム

チームリーダー 細谷 孝充 (Ph.D.)
細谷 孝充 (Ph.D.)

当センターが掲げるライブイメージングや創薬の発展を促すには、革新的な化学の創出による新たな方法論の開発が不可欠です。私たちは遷移金属化学や創薬化学など、有機化学全般を対象とする研究を通じて化学にイノベーションをもたらすことで、標的分子のin vivoイメージングのためのPETプローブの合成や、ケミカルバイオロジーを促進する新たな化学ツールの開発、それらに必要な新しい有機化学反応の開発などの挑戦的な課題に取り組んでいます。

研究主分野

化学

研究関連分野

医歯薬学

キーワード

  • 工学
  • 生物学 & 生化学
  • 薬学 & 毒物学
  • 臨床医学
  • 神経科学 & 行動科学

主要論文

  1. Sumida, Y., Sumida, T., Hosoya, T.:
    "Nickel-Catalyzed Reductive Cross-Coupling of Aryl Triflates and Nonaflates with Alkyl Iodides"
    Synthesis, 49 (16), 3582–3589 (2017).
  2. Niwa, T., Ochiai, H., Isoda, M., Hosoya, T.:
    "Facile Transformation of α,β-Unsaturated Carboxylic Acids to Alkenylboronic Esters via Rhodium-Catalyzed Decarbonylative Borylation of α,β-Unsaturated Thioesters"
    Chem. Lett. 46 (9), 1315–1318 (2017).
  3. Niwa, T., Ochiai, H., Hosoya, T.:
    "Copper-Catalyzed ipso-Borylation of Fluoroarenes"
    ACS Catal. 7(7), 4535-4541 (2017).
  4. Ochiai, H., Uetake, Y., Niwa, T., Hosoya, T.:
    "Rhodium-Catalyzed Decarbonylative Borylation of Aromatic Thioesters for Facile Diversification of Aromatic Carbocyclic Acids"
    Angew. Chem., Int. Ed. 56(9), 2482-2486 (2017).
  5. Ochiai, H., Niwa, T., Hosoya, T.:
    "Stereoinversion of Stereocongested Carbocyclic Alcohols via Triflylation and Subsequent Treatment with Aqueous N,N-Dimethylformamide"
    Org. Lett. 18(23), 5982-5985 (2016).
  6. Sumida, Y., Sumida, T., Hashizume, D., Hosoya, T.:
    "Preparation of Aryne-Nickel Complexes from ortho-Borylaryl Triflates"
    Org. Lett. 18(21), 5600-5603 (2016).
  7. Uetake, Y., Niwa, T., Hosoya, T.:
    "Rhodium-Catalyzed ipso-Borylation of Alkylthioarenes via C-F Bond Cleavage"
    Org. Lett. 18(11), 2758-2761 (2016)
  8. Niwa, T., Ochiai, H., Watanabe, Y., Hosoya, T.:
    "Ni/Cu-Catalyzed Defluoroborylation of Fluoroarenes for Diverse C-F Bond Functionalization"
    J. Am. Chem. Soc. 137(45), 14313-14318 (2015).
  9. Takahashi, K., Hosoya, T., Onoe, K., Doi, H., Nagata, H., Hiramatsu, T., Li, X. L., Watanabe, Y., Wada, Y., Takashima, T., Suzuki, M., Onoe, H., Watanabe, Y.:
    "[11C]Cetrozole: an Improved C-[11C]Methylated PET Probe for Aromatase Imaging in the Brain."
    J. Nucl. Med. 55(5), 852-857 (2014).
  10. Takahashi, K., Yamagishi, G., Hiramatsu, T., Hosoya, A., Onoe, K., Doi, H., Nagata, H., Wada, Y., Onoe, H., Watanabe, Y., Hosoya, T.:
    "Practical synthesis of precursor of [N-methyl-11C]vorozole, an efficient PET tracer targeting aromatase in the brain."
    Bioorg. Med. Chem. 19(4), 1464-1470 (2011).

メンバーリスト

主宰者

細谷 孝充
チームリーダー

メンバー

丹羽 節
副チームリーダー
張 周恩
研究員
隅田 有人
研究員
渡邊 賢司
研究員
磯田 紀之
特別研究員
堀 哲哉
専任研究員
隅田 ともえ
テクニカルスタッフⅠ
末﨑 圭恵
人材派遣
津田 隼平
人材派遣
浅野 智子
アシスタント