研究紹介

創発物性科学研究センター

動的創発物性研究ユニット

ユニットリーダー 賀川 史敬 (Ph.D.)
賀川 史敬 (Ph.D.)

当研究ユニットでは、バルク試料及びデバイス化された強相関電子系が示す創発物性の動的側面を解明し、その学理を構築します。特に、トポロジカルな磁気秩序やドメイン壁などのサブミクロンスケールの構造体が外場下において示す動的現象について、ミリヘルツからギガヘルツ領域にわたる誘電応答や電気抵抗揺らぎなどのスペクトロスコピーを適用すると共に、走査型プローブ顕微鏡を用いた実空間観測及び局所物性計測も相補的に行ないます。これらの知見を基に、物質中のトポロジカルな構造体が示す新奇物性の開拓・制御を目指します。

研究主分野

物理学

研究関連分野

材料科学

研究テーマ

  • 走査型プローブ顕微鏡を用いた新奇局所物性の開拓
  • 強相関電子系における電荷ガラス状態
  • 有機強誘電体のドメイン壁ダイナミクス

主要論文

  1. Kagawa, F., Minami, N., Horiuchi, and Tokura, Y.:
    “Athermal domain-wall creep near a ferroelectric quantum critical point.”
    Nature Commun. 7:10675 doi: 10.1038/ncomms10675 (2016).
  2. Oike, H., Kikkawa, A., Kanazawa, N., Taguchi, Y., Kawasaki, M., Tokura, Y., and Kagawa, F.:
    “Interplay between topological and thermodynamic stability in a metastable magnetic skyrmion lattice”
    Nature Phys. 12, 62-66 (2016).
  3. Oike, H., Kagawa, F., Ogawa, N., Ueda, A., Mori, H., Kawasaki, M., and Tokura, Y.:
    “Phase-change memory function of correlated electrons in organic conductors”
    Phys. Rev. B 91, 041101(R) (2015).
  4. Kagawa, F., Sato, T., Miyagawa, K., Kanoda, K., Tokura, Y., Kobayashi, K., Kumai, R., and Murakami, Y.:
    “Polarization Switching Ability Dependent on Multidomain Topology in a Uniaxial Organic Ferroelectric”
    Nano Lett. 14, 239-243 (2014).
  5. Sato, T., Kagawa, F., Kobayashi, K., Miyagawa, K., Kanoda, K., Kumai, R., Murakami, Y., and Tokura, Y.:
    “Emergence of nonequilibrium charge dynamics in a charge-cluster glass”
    Phys. Rev. B 89, 121102 (2014).
  6. Kagawa, F., Sato, T., Miyagawa, K., Kanoda, K., Tokura, Y., Kobayashi, K., Kumai, R., and Murakami, Y.:
    “Charge-cluster glass in an organic conductor”
    Nature Phys. 9, 419-422 (2013).
  7. Horiuchi, S., Kagawa, F., Hatahara, K., Kobayashi, K., Kumai, R., Murakami, Y., and Tokura, Y.:
    “Above room-temperature ferroelectricity and antiferroelectricity in benzimidazoles”
    Nature Commun. 3:1308 doi: 10.1038/ncomms2322 (2012).
  8. Kagawa, F., Horiuchi, S., Tokunaga, M., Fujioka, J., and Tokura, Y.:
    “Ferroelectricity in one-dimensional organic quantum magnet”
    Nature Phys. 6, 169-172 (2010).
  9. Kagawa, F., Miyagawa, K., and Kanoda, K.:
    “Magnetic Mott criticality in a κ-type organic salt probed by NMR”
    Nature Phys. 5, 880-884 (2009).
  10. Kagawa, F., Mochizuki, M., Onose, Y., Murakawa, H., Kaneko, Y., Furukawa N., andTokura, Y.:
    “Dynamics of Multiferroic Domain Wall in Spin-Cycloidal Ferroelectric DyMnO3
    Phys. Rev. Lett. 102, 057604 (2009).

メンバーリスト

主宰者

賀川 史敬
ユニットリーダー

メンバー

大池 広志
特別研究員

お問い合わせ先

〒351-0198 埼玉県和光市広沢2-1 フロンティア中央棟 209号室

fumitaka.kagawa [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

関連リンク

最新の研究成果

2017年5月: 理研ニュース
PDF(5,373KB)
2016年9月1日: 報道発表資料
電場によるスキルミオンの生成・消滅に成功
2016年2月16日: 報道発表資料
強誘電体中の新たな量子現象を発見
2015年10月13日: 報道発表資料
パルス電流によるスキルミオンの生成・消去に成功