研究紹介

統合生命医科学研究センター

粘膜免疫研究チーム

チームリーダー FAGARASAN Sidonia (M.D., Ph.D)
FAGARASAN Sidonia (M.D., Ph.D)

免疫系の主な役割は、細菌やウイルスといった病原体から宿主を守ることです。しかし、腸管免疫系は全身免疫系とは異なり、微生物を一方的に排除することなく腸内細菌との共生関係を維持しています。私たちは、腸内細菌と免疫系との間に形成されている相互作用をそれぞれの側から明らかにする研究を行っています。具体的には、免疫系を構成しているそれぞれの成分が、腸内細菌叢の多様性、構成バランスおよび代謝機能にどのように寄与しているのかを明らかにしたいと考えています。実際に、腸内細菌のバランスが、免疫不全症における栄養吸収障害や炎症性腸疾患における病態に影響を及ぼしていることが知られています。私たちの研究は、こうした疾患の新規治療方法を確立する上で非常に重要であると考えています。

研究主分野

生物学

研究関連分野

医歯薬学

キーワード

  • 免疫グロブリンA(IgA)
  • 腸内細菌叢
  • 共生
  • 恒常性

主要論文

  1. Chamoto K, Chowdhury PS, Kumar A, Sonomura K, Matsuda F, Fagarasan S, Honjo T.
    "Mitochondrial activation chemicals synergize with surface receptor PD-1 blockade for T cell-dependent antitumor activity."
    Proc Natl Acad Sci U S A. 114(5):E761-E770 (2017)
  2. Zhang B, Chikuma S, Hori S, Fagarasan S, Honjo T.
    "Nonoverlapping roles of PD-1 and FoxP3 in maintaining immune tolerance in a novel autoimmune pancreatitis mouse model."
    Proc Natl Acad Sci U S A, 113(30):8490-5 (2016)
  3. Sutherland DB, Suzuki K, Fagarasan S.
    "Fostering of advanced mutualism with gut microbiota by Immunoglobulin A."
    Immunol Rev., 270(1), 20-31 (2016)
  4. Kawamoto S, Maruya M, Kato LM, Suda W, Atarashi K, Doi Y, Tsutsui Y, Qin H, Honda K, Okada T, Hattori M, Fagarasan S.:
    "Foxp3(+) T cells regulate immunoglobulin a selection and facilitate diversification of bacterial species responsible for immune homeostasis."
    Immunity, 41(1), 152-65 (2014)
  5. Kawamoto S, Tran TH, Maruya M, Suzuki K, Doi Y, Tsutsui Y, Kato LM, Fagarasan S.:
    "The inhibitory receptor PD-1 regulates IgA selection and bacterial composition in the gut."
    Science, 336(6080), 485-9 (2012).
  6. Suzuki K, Maruya M, Kawamoto S, Sitnik K, Kitamura H, Agace WW, Fagarasan S.:
    "The sensing of environmental stimuli by follicular dendritic cells promotes immunoglobulin A generation in the gut."
    Immunity, 33:71-83 (2010)
  7. Fagarasan S, Kawamoto S, Kanagawa O, Suzuki K.:
    "Adaptive immune regulation in the gut: T cell-dependent and T cell-independent IgA synthesis."
    Annu. Rev. Immunol. 28:243-273. (2010)
  8. Tsuji M, Komatsu N, Kawamoto S, Suzuki K, Kanagawa O, Honjo T, Hori S, Fagarasan S.
    "Preferential generation of follicular B helper T (TFH) cells from Foxp3+ T cells in gut Peyer's patches."
    Science, 323:1488-1492 (2009).
  9. Suzuki, K., Meek, B., Doi, Y., Muramatsu, M., Chiba, T., Honjo, T., and Fagarasan, S.:
    "Aberrant expansion of segmented filamentous bacteria in IgA-deficient gut"
    Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 101, 1981-1986 (2004)
  10. Fagarasan, S., Muramatsu, M., Suzuki, K., Nagaoka, H., Hiai, H., and Honjo, T.:
    "Critical roles of activation-induced cytidine deaminase in the homeostasis of gut flora"
    Science, Nov 15, 298 (5597), 1424-7 (2002).

メンバーリスト

主宰者

FAGARASAN Sidonia
チームリーダー

メンバー

鈴木 敬一朗
上級研究員
宮島 倫生
研究員
GUERRINI Matteo
研究員
伊藤 聡美
研究員
VOGELZANG Alexis
基礎科学特別研究員
章 白浩
特別研究員
丸谷 美香子
リサーチアソシエイト
筒井 裕美
テクニカルスタッフⅠ
小林 若菜
テクニカルスタッフⅡ
山本 幸子
テクニカルスタッフⅡ