研究紹介

生命医科学研究センター

ファーマコゲノミクス研究チーム

チームリーダー 莚田 泰誠 (Ph.D.)
莚田 泰誠 (Ph.D.)

当研究グループは、薬効や副作用 (薬剤応答性) に関連する遺伝子を突き止め、ファーマコゲノミクスに基づくオーダーメイド投薬を確立することを目的としています。
あの薬は合う、合わない。あるいは、ある薬を飲むと気分が悪くなったり、じんましんが出る。このような体験や話を聞いたことがあると思います。これまで、このような個人差は「体質の違い」と説明されてきました。ファーマコゲノミクス研究グループは、「体質の違い」を「遺伝子の違い」という科学的要素で解明することを目指しています。その成果は、的確に有効な薬を選んだり、副作用を事前に予知して回避するという形で医療の現場に大きな貢献をもたらします。当研究グループでは、SNP解析を通して、薬の効果や副作用に直接関連している遺伝子を突き止めます。これまで、免疫抑制薬、抗がん薬、抗凝固薬、抗てんかん薬などについて解析を行い、薬効や副作用予測の実現を目指してきました。これらの薬は、臨床には不可欠ですが、強い副作用が出る頻度の高いことが問題になっています。あらかじめ副作用が出やすいことが予測できれば、薬の量を調整したり、経過に注意することで副作用を回避したり、軽い段階で対処することができるようになります。

研究主分野

医歯薬学

キーワード

  • ファーマコゲノミクス
  • ゲノムバイオマーカー
  • 薬物応答性
  • 副作用
  • 生殖細胞系列遺伝子検査

主要論文

  1. Giacomini KM, Yee SW, Mushiroda T, Weinshilboum RM, Ratain MJ, Kubo M.:
    "Genome-wide association studies of drug response and toxicity: an opportunity for genome medicine"
    Nat Rev Drug Discov 16, 1 (2017).
  2. Yoshihama T, Hirasawa A, Nomura H, Akahane T, Nanki Y, Yamagami W, Kataoka F, Tominaga E, Susumu N, Mushiroda T, Aoki D.:
    "UGT1A1 polymorphism as a prognostic indicator of stage I ovarian clear cell carcinoma patients treated with irinotecan"
    Jpn J Clin Oncol, 47, 170-4 (2017).
  3. Wattanapokayakit S, Mushiroda T, Yanai H, Wichukchinda N, Chuchottawon C, Nedsuwan S, Rojanawiwat A, Denjanta S, Kantima T, Wongyai J, Suwankesawong W, Rungapiromnan W, Kidkeukarun R, Bamrungram W, Chaiwong A, Suvichapanich S, Mahasirimongkol S, Tokunaga K.:
    "NAT2 slow acetylator associated with anti-tuberculosis drug-induced liver injury in Thai patients"
    Int J Tuberc Lung Dis 20, 1364-9 (2016).
  4. Mushiroda T, Yanai H, Yoshiyama T, Sasaki Y, Okumura M, Ogata H, Tokunaga K.:
    "Development of a prediction system for anti-tuberculosis drug-induced liver injury in Japanese patients"
    Hum Genome Var 23, 16014 (2016).
  5. Fukunaga K, Nakagawa H, Ishikawa T, Kubo M, Mushiroda T.:
    "ABCB1 polymorphism is associated with atorvastatin-induced liver injury in Japanese population"
    BMC Genet 17, 79 (2016).
  6. Saito T, Ikeda M, Mushiroda T, Ozeki T, Kondo K, Shimasaki A, Kawase K, Hashimoto S, Yamamori H, Yasuda Y, Fujimoto M, Ohi K, Takeda M, Kamatani Y, Numata S, Ohmori T, Ueno S, Makinodan M, Nishihata Y, Kubota M, Kimura T, Kanahara N, Hashimoto N, Fujita K, Nemoto K, Fukao T, Suwa T, Noda T, Yada Y, Takaki M, Kida N, Otsuru T, Murakami M, Takahashi A, Kubo M, Hashimoto R, Iwata N.:
    "Pharmacogenomic Study of Clozapine-Induced Agranulocytosis/Granulocytopenia in a Japanese Population"
    Biol Psychiatry 80, 636-42 (2016).
  7. Low JS, Chin YM, Mushiroda T, Kubo M, Govindasamy GK, Pua KC, Yap YY, Yap LF, Subramaniam SK, Ong CA, Tan TY, Khoo AS; Malaysian NPC Study Group, Ng CC.:
    "A genome wide study of copy number variation associated with nasopharyngeal carcinoma in Malaysian Chinese identifies CNVs at 11q14.3 and 6p21.3 as candidate loci"
    PLoS One 11, e0145774 (2016).
  8. Chin YM, Mushiroda T, Takahashi A, Kubo M, Krishnan G, Yap LF, Teo SH, Lim PV, Yap YY, Pua KC, Kamatani N, Nakamura Y, Sam CK, Khoo AS; Malaysian NPC Study Group, Ng CC.:
    "HLA-A SNPs and amino acid variants are associated with nasopharyngeal carcinoma in Malaysian Chinese"
    Int J Cancer 136, 678-87 (2015).
  9. Miura Y, Imamura CK, Fukunaga K, Katsuyama Y, Suyama K, Okaneya T, Mushiroda T, Ando Y, Takano T, Tanigawara Y.:
    "Sunitinib-induced severe toxicities in a Japanese patient with the ABCG2 421 AA genotype"
    BMC Cancer 14, 964 (2014).
  10. Province MA, Goetz MP, Brauch H, Flockhart DA, Hebert JM, Whaley R, Suman VJ, Schroth W, Winter S, Zembutsu H, Mushiroda T, Newman WG, Lee MT, Ambrosone CB, Beckmann MW, Choi JY, Dieudonné AS, Fasching PA, Ferraldeschi R, Gong L, Haschke-Becher E, Howell A, Jordan LB, Hamann U, Kiyotani K, Krippl P, Lambrechts D, Latif A, Langsenlehner U, Lorizio W, Neven P, Nguyen AT, Park BW, Purdie CA, Quinlan P, Renner W, Schmidt M, Schwab M, Shin JG, Stingl JC, Wegman P, Wingren S, Wu AH, Ziv E, Zirpoli G, Thompson AM, Jordan VC, Nakamura Y, Altman RB, Ames MM, Weinshilboum RM, Eichelbaum M, Ingle JN, Klein TE.:
    "CYP2D6 Genotype and Adjuvant Tamoxifen: Meta-Analysis of Heterogeneous Study Populations"
    Clin Pharmacol Ther 95, 216-27 (2014).

メンバーリスト

主宰者

莚田 泰誠
チームリーダー

メンバー

大関 健志
研究員
福永 航也
研究員
曳野 圭子
リサーチアソシエイト
吉浜 智子
大学院生リサーチ・アソシエイト
八幡 光徳
テクニカルスタッフⅠ
樋口 祥子
テクニカルスタッフⅡ
太田 由布子
テクニカルスタッフⅡ
大野 愛子
テクニカルスタッフⅡ
菊地 佑佳
テクニカルスタッフⅡ

お問い合わせ先

〒230-0045 神奈川県横浜市鶴見区末広町1-7-22
Tel: 045-503-9597
Fax: 045-503-9568

mushiroda [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

関連リンク

最新の研究成果