研究紹介

環境資源科学研究センター

環境代謝分析研究チーム

チームリーダー 菊地 淳 (Ph.D.)
菊地 淳 (Ph.D.)

当チームでは、これまで培ってきたNMR法による低分子代謝物群、高分子バイオマス群計測に加え、無機元素群および微生物群集の分析技術を高度化し、データサイエンスおよび機械学習を駆使した数理科学的手法により、各種生物種が担う物質代謝を俯瞰する新しい環境分析科学の展開を狙っています。特に化学資源の有効利用化へと貢献するために、実験室系、産業(農林水産および工業)プロセス、自然環境(水陸および宇宙空間)を問わず分析対象とし、これらの資源利用に関わる国際連携および産学連携を積極的に推進しています。

研究主分野

複合領域

研究関連分野

情報学 / 環境学 / 化学 / 農学

生命・健康・医療情報学 / 環境動態解析 / 水圏生命科学

キーワード

  • 環境分析
  • データサイエンス
  • 磁気共鳴
  • 共生
  • 恒常性

主要論文

  1. Ito, K., Obuchi, Y., Chikayama, E., Date, Y. and Kikuchi, J.*:
    “Exploratory machine-learned theoretical chemical shifts can closely predict metabolic mixture signals”
    Chem. Sci. (in press).
  2. Kikuchi, J.*, Ito, K. and Date, Y.:
    "Environmental metabolomics with data science as investigation of ecosystem homeostasis"
    Progress in NMR Spectroscopy 104, 56-88 (2018).
  3. Date, Y.*, and Kikuchi, J.*:
    "Application of a deep neural network to metabolomics studies and its performance in determining important variables"
    Anal. Chem. 90, 1805-1810 (2018).
  4. Oita, A., Oshima, T., Tsuboi, Y., Moriya, S., Date, Y. and Kikuchi, J.*:
    "Profiling physicochemical and planktonic features from discretely/continuously sampled surface water"
    Sci. Total Environ. 636, 12-19 (2018).
  5. Mekuchi, M., Sakata, K., Yamaguchi, T., Koiso, M. and Kikuchi, J.*:
    "Trans-omics approaches represented used to characterize fish nutritional biorhythms in Leopard coral groupers (Plectropomus leopardus)"
    Sci. Rep. 7, 9372 (2017).
  6. Komatsu, T., Ohishi, R., Shino, A. and Kikuchi, J.*:
    "Structure and metabolic flow analysis of molecular complexity in 13C-labeled tree by 2D and 3D-NMR"
    Angew. Chem. Int. Ed. 55, 6000-6003 (2016).
  7. Kikuchi, J.*, Tsuboi, Y., Komatsu, K., Gomi, M., Chikayama, E. and Date, Y.:
    "SpinCouple: Development of web-tool for analyzing metabolite mixtures via two-dimensional J-resolved NMR database"
    Anal. Chem. 88, 659-665 (2016).
  8. Komatsu, T., Kobayashi, T., Hatanaka, M. and Kikuchi, J.*:
    "Profiling planktonic biomass using element-specific, multicomponent nuclear magnetic resonance spectroscopy"
    Environ. Sci. Technol. 49, 7056-7062 (2015).
  9. Furusawa, Y., Obata, Y., Fukuda, S.*, Endo, T., Nakato, G., Takahashi, D., Nakanishi, Y., Uetake, C., Kato, K., Kato, T., Takahashi, M., Fukuda, N., Murakami, S., Miyauchi, E., Hino, S., Atarashi, K., Onawa, S., Fujimura, Y., Lockett, T., Clarke, J. M., Topping, D. L., Tomita, M., Hori, S., Ohara, O., Morita, T., Koseki, H., Kikuchi, J., Honda, K., Hase, K.* and Ohno, H.*:
    "Commensal microbe-derived butyrate induces colonic regulatory T cells"
    Nature 504, 446-450 (2013).
  10. Fukuda, S., Toh, H., Hase, K., Nakanishi, Y., Oshima, K., Yoshimura, K., Tobe, T., Clarke, J. M., Topping, D. L., Suzuki, T., Taylor, T. D., Itoh, K., Kikuchi, J., Morita, H., Hattori, M.* and Ohno, H.*:
    "Bifidobacteria protect from enteropathogenic infection through production of acetate."
    Nature 469, 543-547 (2011).

メンバーリスト

主宰者

菊地 淳
チームリーダー

メンバー

伊達 康博
研究員
伊藤 研悟
特別研究員
黒谷 篤之
特別研究員
WEI Feifei
特別研究員
朝倉 大河
特別研究員
内宮 万里央
訪問研究員
佐藤 有穂
大学院生リサーチ・アソシエイト
山田 隼嗣
大学院生リサーチ・アソシエイト
坪井 裕理
テクニカルスタッフⅠ
坂田 研二
テクニカルスタッフⅠ
松本 朋子
テクニカルスタッフⅡ

お問い合わせ先

〒230-0045 神奈川県横浜市鶴見区末広町1丁目7番22号
Tel: 045-503-7549

ayako.sato [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

関連リンク

最新の研究成果

2018年9月12日: 報道発表資料
AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成
2018年5月2日: 報道発表資料
海洋微生物生態が織り成す「環境予測科学」を始動
2018年4月: 理研ニュース
PDF(3,771KB)
2018年2月22日: 報道発表資料
天然魚類と環境水・底泥のエコインフォマティクス
2018年1月24日: 報道発表資料
深層学習を用いた重要代謝物探索法
2017年8月24日: 報道発表資料
沖縄三大高級魚スジアラの効率的給餌法にヒント

イベント・シンポジウムなど