研究紹介

環境資源科学研究センター

植物免疫研究グループ

グループディレクター 白須 賢 (Ph.D.)
白須 賢 (Ph.D.)

当グループでは主に生化学的手法、遺伝学的手法を用いて、耐病性に関与する遺伝子、タンパク質および低分子化学物質を解析し、免疫システムの分子機構を明 らかにする研究を行っています。耐病性シグナル複合体の研究、免疫システムの制御に関与するタンパク質の修飾などに注目し、タンパク質レベルでのダイナ ミックな制御機構を解明します。またモデル植物等を用い耐病性変異体を獲得して、新規耐病性原因遺伝子の特定を進めます。メタボローム基盤研究グループと 協力して耐病性に関与する低分子化学物質の同定を推進し、作物へ応用するための基盤技術を開発します。

研究主分野

生物学

研究関連分野

農学

研究テーマ

  • 耐病性シグナル複合体の研究
  • 耐病性に関与するユビキチンリガーゼの研究
  • 化学遺伝学法による耐病性原因遺伝子の特定
  • 植物病原体のゲノム機能解析
  • 寄生植物ストライガの寄生機構

主要論文

  1. Cui, S., Wakatake, T., Hashimoto, K., Saucet, S.B., Toyooka, K., Yoshida, S. and Shirasu, K.:
    "Haustorial hairs are specialized root hairs that support parasitism in the facultative parasitic plant, Phtheirospermum japonicum"
    Plant Physiol. pp.01786. (2016)
  2. Mutuku, J.M., Yoshida, S., Shimizu, T., Ichihashi, Y., Wakatake., T., Seo, M., Takahashi., A., Shirasu, K.:
    "The WRKY45-dependent signaling pathway is required for resistance against Striga parasitism"
    Plant Physiol 168:1152-1163. (2015)
  3. Conn, C. E., Bythell-Douglas, R., Neumann, D., Yoshida, S., Whittington, B., Westwood, J. H., Shirasu, K., Bond, C. S. Dyer, K. A., Nelson, D. C.:
    "Convergent evolution of strigolactone perception enabled host detection in parasitic plants"
    Science 349: 540-543. (2015)
  4. Kadota, Y., Jan Sklenar, J., Derbyshire, P., Stransfeld, L., Asai, S., Ntoukakis, V., Jones, J.D.G., Shirasu, K., Menke, F., Jones, A., and Zipfel, C.:
    "Direct regulation of the NADPH oxidase RBOHD by the PRRassociated kinase BIK1 is required for ROS bu and plant immunity"
    Mol. Cell 54: 43-55. (2014)
  5. Gan, P., Ikeda, K., Irieda, H., Narusaka, M., O’Connell, R.J., Narusaka, Y., Takano, Y., Kubo, Y., Shirasu,K.:
    "Comparative genomic and transcriptomic analyses reveal the hemibiotrophic stage shift of Colletotrichum fungi"
    New Phytologist 197:1236-1249. (2013)
  6. Noutoshi, Y., Okazaki, M., Kida, T., Nishina, Y., Morishita, Y., Ogawa, T., Suzuki, S., Shibata, D., Jikumaru, Y., Hanada, A., Kamiya, Y., and Shirasu, K.:
    "Novel plant immune-priming compounds identified via high-throughput chemical screening target salicylic acid glucosyltransferases in Arabidopsis"
    Plant Cell 24:3795-3804. (2012)
  7. O'Connell R.J. et. al.,:
    "Lifestyle transitions in plant pathogenic Colletotrichum fungi deciphered by genome and transcriptome analyses"
    Nature Genetics 44:1060-1065. (2012)
  8. Yaeno, T., Li, H., Chaparro-Garcia, A., Schornack, S., Koshiba, S., Watanabe, S., Kigawa, T., Kamoun, S., and Shirasu, K.:
    "Phosphatidylinositol monophosphate-binding interface in the oomycete RXLR effector AVR3a is required for its stability in host cells to modulate plant immunity"
    Proc. Natl. Acad. Sci. USA. 108: 14682-14687. (2011)
  9. Zhang M., Kadota Y., Prodromou C., Shirasu K., and Pearl L. H.:
    "Structural Basis for Assembly of Hsp90-Sgt1-CHORD Protein Complexes: Implications for Chaperoning of NLR Innate Immunity Receptors"
    Molecular Cell 39:269-281. (2010)
  10. Yoshida S., Maruyama S., Nozaki H., and Shirasu K.:
    "Horizontal Gene Transfer by the Parasitic Plant Striga hermonthica"
    Science 328:1128.(2010)

メンバーリスト

主宰者

白須 賢
グループディレクター

メンバー

門田 康弘
研究員
GAN Pamela Hui Peng
研究員
LAOHAVISIT Anuphon
研究員
浅井 秀太
基礎科学特別研究員
市橋 泰範
基礎科学特別研究員
SPALLEK Thomas
国際特別研究員
石垣 祐二
特別研究員
石濱 伸明
特別研究員
熊倉 直祐
特別研究員
SAUCET Simon
訪問研究員
津島 綾子
大学院生リサーチ・アソシエイト
瀧澤 香
テクニカルスタッフⅡ
廣山 涼子
テクニカルスタッフⅡ
槇 紀子
テクニカルスタッフⅡ
柴田 ありさ
テクニカルスタッフⅡ
マルヴィ- 飛勇
テクニカルスタッフⅡ