1. Home
  2. 研究成果(プレスリリース)
  3. 研究成果(プレスリリース)2020

2020年2月6日

物質・材料研究機構
東北大学
東京大学
理化学研究所

ほぼ室温超伝導を示す高圧下ランタン水素は量子固体だった

-予測より低い圧力で超伝導になる理由を理論的に説明 低圧での室温超伝導実現へ道筋-

物質・材料研究機構(NIMS)と東北大学、東京大学、理研などで構成される国際研究チームは、温度-23℃というほぼ室温で超伝導になる高圧下ランタン水素が、原子核の量子ゆらぎのおかげで広い圧力域で安定に存在する「量子固体」であることをコンピュータシミュレーションにより発見しました。この発見は、水素を多く含んだ水素リッチ化合物による高温超伝導やさらには室温超伝導がこれまで考えられていたよりも遙かに低い圧力で実現できる可能性を示しています。

詳細は物質・材料研究機構のホームページをご覧ください。

報道担当

理化学研究所 広報室 報道担当
Tel: 048-467-9272 / Fax: 048-462-4715
お問い合わせフォーム

Top