1. Home
  2. 理研について

理事長挨拶

松本紘理事長の写真

理化学研究所(理研)は、1917(大正6)年に、産業の発展のために科学研究と応用研究を行う財団法人として創立された、百年を超える歴史を持つ研究所です。
時代と国の要請に応え組織形態を変えながらも、わが国で唯一の自然科学の総合研究所として、物理学、工学、化学、数理・情報科学、計算科学、生物学、医科学など幅広い分野において先導的な研究を推進してきました。
現在は特定国立研究開発法人として、国際競争の中で革新的な研究成果を創出し、日本のイノベーションシステムを強力に牽引する中核機関としての責務を果たすべく「科学道」を邁進しています。

理研は、研究所の運営および研究活動に関して国際的な観点からの評価と提言を受けるため「理化学研究所アドバイザリー・カウンシル(RAC)」を開催しています。
昨年の第11回RACでは、広範な自然科学の研究分野をカバーするため、日本をはじめ世界中から19名の著名な科学者に参集いただき、4日間にわたりディスカッションを行いました。
そして、理研内のネットワークがシナジー効果を生み優れた成果を上げていること、また、理研の研究基盤は国内のみならず国際的な科学コミュニティにも大きく貢献していることなどが評価されました。
世界的な研究所であり続けるためにも、理研の強みと伝統を活かしつつ、新たな研究活動・システムの開拓に挑戦し続けねばならないと、決意を新たにしたところです。

人類は今、COVID-19という瞬時に世界規模で広がった脅威に曝され、生存をかけて戦っています。
さらには、激動する国際情勢や気候変動、台風や森林火災といった自然災害など、積み重なる地球規模の課題にも向き合わねばなりません。
国連が掲げた持続可能な開発目標(SDGs)の浸透を肌で感じるのは、こうした危機が身近に迫っていることの裏返しではないでしょうか。
わが国のSociety5.0、欧州のHorizon Europeなど、各国が唱える多種多様な社会ビジョンの共通項は、科学技術イノベーションによる社会変革です。
古の人類が知恵を働かせ道具を駆使し、環境に対応して生き延びてきたように、世界の人々は、これからも科学技術が人類生存の道を切り拓くことを期待しています。
日本が世界で一番、世界を良くする国となれるよう、2020年も所員一丸となって、社会とつながる科学研究・技術開発を推進していく所存です。

松本 紘

理化学研究所 理事長 松本 紘のサイン

印刷用 略歴・受賞・顕彰

略歴
1967年4月 京都大学 工学部 助手
1974年4月 京都大学 工学部 助教授
1975年9月 NASAエームズ研究所 客員研究員
1980年7月 スタンフォード大学 客員研究員
1981年4月 京都大学 超高層電波研究センター 助教授
1987年7月 京都大学 超高層電波研究センター 教授
1992年4月 京都大学 超高層電波研究センター長
2000年4月 京都大学 宙空電波科学研究センター 教授
2002年4月 京都大学 宙空電波科学研究センター長
京都大学 評議員
2004年4月 京都大学 生存圏研究所長、教授
京都大学 教育研究評議員
2005年10月 京都大学 理事・副学長
2007年 京都大学名誉教授
2008年10月 京都大学 総長(~2014年9月)
2015年4月 理化学研究所 理事長
受賞・顕彰
1975年5月 日本地球電磁気・地球惑星学会 田中館賞
1993年3月 NASA Group Achievement Award(GEOTAIL)
1998年6月 NASA Group Achievement Award(GEOTAIL)
1999年2月 アメリカ地球物理学会フェロー
1999年6月 情報通信月間推進協議会 志田林三郎賞
2003年1月 アメリカ電気電子学会フェロー
2004年5月 英国王立天文学協会(RAS) 外国人名誉会員(RASアソシエイト)
2005年9月 電子情報通信学会フェロー
2006年3月 ロシアFederation of Cosmonautics ガガーリンMedal
2006年4月 文部科学大臣表彰 科学技術賞
2007年11月 紫綬褒章
2008年8月 国際電波科学連合 Booker Gold Medal
2008年10月 地球電磁気・地球惑星圏学会 長谷川・永田賞
2014年1月 ブリストル大学 名誉工学博士
2014年5月 日本地球惑星科学連合フェロー
2015年12月 フランス政府 レジオン・ドヌール勲章シュヴァリエ
2017年2月 名誉大英勲章OBE

Top