1. Home
  2. 研究室紹介

量子コンピュータ研究センター (RQC)

中村 泰信(D.Eng.) センター長 中村 泰信(D.Eng.)

20世紀初頭に誕生した量子力学は、物理学の基礎理論として科学の広汎な分野の発展に貢献してきました。現在の情報社会に不可欠なコンピュータやインターネットの技術もすべて量子力学の恩恵を受けているといっても過言ではありません。しかし20世紀の終わりから急速に発展してきた量子情報科学の観点では、人類はまだ量子力学を完全に使いこなしていないということが明らかになってきました。量子コンピュータ研究センターでは、量子力学の原理に基づく革新的な情報処理技術としての量子コンピュータの実現を目指して、ハードウェアからソフトウェアまで、また基礎科学から応用まで一貫した研究開発に取り組み、量子技術の可能性を拡げていきます。

副センター長: 古澤 明(Ph.D.)、萬 伸一(Ph.D.)

研究主分野

  • 総合理工

研究関連分野

  • 工学
  • 情報学
  • 複合領域
  • 数物系科学
  • 計算科学
  • 原子・分子・量子エレクトロニクス
  • 応用物理学一般

キーワード

  • 量子コンピュータ
  • 量子情報科学
  • 量子ビット
  • 超伝導
  • 量子光学

組織

組織図

研究成果(プレスリリース)

刊行物

関連リンク

お問い合わせ先

〒351-0198 埼玉県和光市広沢2-1
情報基盤棟 3階
Tel: 048-467-7892
Email: rqc_info [at] ml.riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

Top