1. Home
  2. 研究室紹介
  3. 計算科学研究センター

計算科学研究センター 総合防災・減災研究チーム

チームリーダー 大石 哲(D.Eng.)

研究概要

大石 哲 (D.Eng.)

総合防災・減災研究チームは、神戸市や兵庫県内の実際の都市を対象に地震・津波・集中豪雨といった複合災害の大規模数値シミュレーションを目的としています。先端的な都市モデルを作り、新しい解析手法を開発することは勿論ですが、数値シミュレーションの成果が防災・減災に役立つよう、「行政と科学」の橋渡しとなることを目指しています。

研究主分野

  • 複合領域

研究関連分野

  • 数物系科学
  • 工学

キーワード

  • 都市構造モデル自動化手法
  • 液状化シミュレーション
  • 気象学の工学への応用(予測伝達,被害予測,保険)
  • 水文・河川流出・土砂輸送シミュレーション

主要論文

「*」は、理研外のみでの成果です。

  • 1.*Syarifuddin, M., Oishi, S., Hapsari, R.I. and Legono, D.:
    "Empirical Model for Remote Monitoring of Rain-Triggered Lahar in Mount Merapi"
    Journal of JSCE, Ser. B1(Hydraulic Engineering), Vol.74, No.4, I_1483-I_1488. (2018).
  • 2.*Sano, T. and Oishi, S.:
    "Observational Study on Formation of a Localized Rainfall on A Basin with Heat and Aridity on Days of Weak Synoptic Disturbance in Summer"
    Journal of the Meteorological Society of Japan, Vol.96A, pp.95-117, DOI:10.2151/jmsj.2018-012, pp.95-117. (2018).
  • 3.*Syarifuddin, M., Oishi, S., Nakamichi, H. and Iguchi, M.:
    "Spatiotemporaldistribution Of Rainfall in Mount Sakurajima Based on Weather Radar"
    Journal of JSCE, Ser. B1(Hydraulic Engineering), Vol.75, No.4. (2018).
  • 4.*Mawandha, H.G. and Oishi, S.:
    "Real-Time Radar Quantitative Precipitation Estimation Using Multivariate Projection Model"
    Journal of JSCE, Ser. B1(Hydraulic Engineering), Vol.75, No.4. (2018).
  • 5.*Hambali, R., Legono, D., Jayadi, R. and Oishi, S.:
    "Improving Spatial Rainfall Estimates at Mt. Merapi Area Using Radar-Rain Gauge Conditional Merging"
    Journal of Disaster Research, Vol.14 No.1, pp.69-79. (2019).
  • 6.Chen, J., Hori, M., O-tani, H. and Oishi, S.:
    "An Improvement of a Mathematical Interpretation of Moving Particle Semi-Implicit Method"
    Journal of JSCE, Ser. A2 (Applied Mechanics), Vol. 73, No. 2 (Journal of Applied Mechanics, Vol. 20). (2018).
  • 7.*Syarifuddin, M., Oishi, S., Hapsari, R.I., Shiokawa, J., Mawandha, H.G. and Iguchi, M.:
    "Estimating the Volcanic Ash Fall Rate from The Mount Sinabung Eruption on February 19, 2018 Using Weather Radar"
    Journal of Disaster Research, Vol.14 No.1, pp.135-150. (2019).
  • 8.*Hapsari, R.I., Iida, M., Muranishi, M., Ogawa, M., Syarifuddin, M., Iguchi, M. and Oishi, S.:
    "Ground Observation of Tephra Particles: On the Use of Weather Radar for Estimating Volcanic Ash Distribution"
    Journal of Disaster Research, Vol.14 No.1, pp.151-159. (2019).
  • 9.*Hapsari, R.I., Aponno, G., Asmara, R.A. and Oishi, S.:
    "Rainfall Information System Based on Weather Radar for Debris Flow Disaster Mitigation"
    International Journal of Engineering & Technology, 7 (4.44) (2018) 165-171. (2019).
  • 10.Chen, J., O-tani, H., Takeyama, T., Oishi, S. and Hori, M.:
    "Toward A Numerical-Simulation-Based Liquefaction Hazard Assessment for Urban Regions Using High-Performance Computing"
    Engineering Geology, Vol.258. (2019).

関連リンク

メンバーリスト

主宰者

大石 哲
チームリーダー

メンバー

堀 宗朗
客員主管研究員
大谷 英之
研究員
永野 康行
客員主管研究員
矢部 正明
客員主管研究員
竹山 智英
客員研究員
市村 強
客員研究員
MADDEGEDARA Lalith
客員研究員
藤田 航平
客員研究員
本山 紘希
客員研究員
CHEN Jian
客員研究員
山野井 一輝
客員研究員

採用情報

募集職種 応募締切
テクニカルスタッフⅡ募集 ポストが決まり次第
研究員、特別研究員またはリサーチアソシエイト募集 ポストが決まり次第

お問い合わせ先

〒650-0047 兵庫県神戸市中央区港島南町 7-1-26

satoru.oishi [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

Top