1. Home
  2. 研究室紹介
  3. 脳神経科学研究センター

脳神経科学研究センター 認知行動連携研究チーム

チームリーダー 岡ノ谷 一夫(Ph.D.)

研究概要

岡ノ谷 一夫 (Ph.D.)

私たちは、「心はコミュニケーションから生まれた」という仮説のもと、動物のコミュニケーション行動を対象とした生物心理学的な研究を進めています。対象とする動物は、ラット、小鳥(ジュウシマツ、キンカチョウ、ブンチョウ)および人間です。コミュニケーション行動や認知行動をとっている際の動物やヒトの脳活動を、単一神経細胞記録や遺伝子発現、脳波やfMRIを指標として捉え、行動と脳活動の相関関係・因果関係を調べています。このような研究の積み重ねから、心の生成を知ろうとしています。

研究主分野

  • 複合領域

研究関連分野

  • 情報学
  • 複合領域
  • 総合人文社会
  • 社会科学
  • 総合生物
  • 生物学

キーワード

  • 行動学
  • 生物学
  • 心理学
  • 生態学
  • 神経科学

主要論文

「*」は、理研外のみでの成果です。

  • 1.*Yuki, S., & Okanoya, K.:
    "Rats show adaptive choice in a metacognitive task with high uncertainty"
    Journal of Experimental Psychology: Animal Learning and Cognition, 43(1), 109. (2017)
  • 2.*Tachibana, R. O., Takahasi, M., Hessler, N. A., & Okanoya, K.:
    "Maturation‐dependent control of vocal temporal plasticity in a songbird"
    Developmental Neurobiology. (2017)
  • 3.Fehér, O., Ljubičić, I., Suzuki, K., Okanoya, K., & Tchernichovski, O.:
    "Statistical learning in songbirds: from self-tutoring to song culture"
    Phil. Trans. R. Soc. B, 372(1711), 20160053. (2017)
  • 4.Nakatani, H., Ogawa, A., Suzuki, C., Asamizuya, T., Ueno, K., Cheng, K., & Okanoya, K.:
    "Perceived moral traits of others differentiate the neural activation that underlies inequity-aversion"
    Scientific Reports, 7. (2017)
  • 5.Nixima, K., Okanoya, K., Ichinohe, N., & Kurotani, T.:
    "Fast Voltage-Sensitive Dye Imaging of Excitatory and Inhibitory Synaptic Transmission in the Rat Granular Retrosplenial Cortex"
    Journal of Neurophysiology, jn-00734. (2017)
  • 6.*Kagawa, H., Seki, Y., & Okanoya, K.:
    "Affective valence of neurons in the vicinity of the rat amygdala: Single unit activity in response to a conditioned behavior and vocal sound playback"
    Behavioural brain research, 324, 109-114. (2017)
  • 7.*Katahira, K., Yuki, S., & Okanoya, K.:
    "Model-based estimation of subjective values using choice tasks with probabilistic feedback"
    Journal of Mathematical Psychology, 79, 29-43. (2017)
  • 8.*Koumura, T., & Okanoya, K.:
    "Automatic Recognition of Element Classes and Boundaries in the Birdsong with Variable Sequences"
    PloS one, 11(7), e0159188. (2016)
  • 9.Fujii, T. G., Ikebuchi, M., & Okanoya, K.:
    "Auditory Responses to Vocal Sounds in the Songbird Nucleus Taeniae of the Amygdala and the Adjacent Arcopallium"
    Brain, behavior and evolution, 87(4), 275-289. (2016)
  • 10.Saito, Y., Yuki, S., Seki, Y., Kagawa, H., & Okanoya, K.:
    "Cognitive bias in rats evoked by ultrasonic vocalizations suggests emotional contagion"
    Behavioural processes, 132, 5-11. (2016)

刊行物

関連リンク

メンバーリスト

主宰者

岡ノ谷 一夫
チームリーダー

メンバー

池渕 万季
研究員

お問い合わせ先

東京都目黒区駒場3-8-1 東京大学大学院総合文化研究科
Tel: 03-5454-6301 (東大駒場3号館)
Fax: 03-5454-6725 (東大駒場3号館)

Top