1. Home
  2. 研究室紹介
  3. 主任研究員研究室等

主任研究員研究室 田原分子分光研究室

主任研究員 田原 太平(D.Sci.)

研究概要

田原 太平 (D.Sci.)

分光計測は21世紀の科学の「目」であり、物理~化学~生物学にわたるきわめて広い分野の基盤となっています。我々は新しい極限的な分子分光計測を開発し、それらを駆使して複雑分子系に対する分子科学研究を推進しています。複雑系における多種多様なダイナミクスを解明するためには、その電子状態や振動状態、周辺場の応答、あるいはそれらの背景にあるエネルギーの揺動や散逸を分子レベルで総合的に理解しなければなりません。これを念頭におき、最も先端的な線形・非線形分光計測法を用い、問題に本質的な時間・空間スケールを選択して研究を進めています。具体的には、短パルスレーザー技術を基に、(1)極限的時間分解分光による超高速ダイナミクスの研究、(2)界面選択的非線形分光の開発と柔らかな界面の研究、(3)新しい単分子分光の開発と生体高分子の構造ダイナミクスの研究、を行っています。

研究主分野

  • 化学

研究関連分野

  • 数物系科学
  • 生物学
  • 物理化学
  • 薄膜・表面界面物性
  • 生物物理

キーワード

  • 超高速分光
  • 非線形分光
  • 単分子分光
  • 反応ダイナミクス
  • 界面

主要論文

  • 1. Kuramochi, H., Takeuchi, S., Iwamura, M., Tahara, T.:
    "Tracking photoinduced Au–Au bond formation through transient terahertz vibrations observed by femtosecond time-domain Raman spectroscopy"
    J. Am. Chem. Soc., 141, 19296-19303 (2019).
  • 2. Kuramochi, H. Takeuchi, S. Yonezawa, K, Kamikubo, H. Kataoka, M. and Tahara, T.:
    "Probing the early stages of photoreception in photoactive yellow protein with time-domain Raman spectroscopy"
    Nat. Chem. 9, 660-666 (2017).
  • 3. Matsuzaki, K., Kusaka, R., Nihonyanagi, S., Yamaguchi, S., Nagata, T., and Tahara, T.:
    "Partially hydrated electrons at the air/water interface observed by UV-excited time-resolved heterodyne-detected vibrational sum frequency generation spectroscopy"
    J. Am. Chem. Soc. 138, 7551-7557 (2016).
  • 4. Singh, P. C., Inoue, K., Nihonyanagi, S., Yamaguchi, S. and Tahara, T.:
    "Femtosecond hydrogen-bond dynamics of bulk-like and bound water at positively and negatively charged lipid interfaces revealed by 2D HD-VSFG spectroscopy"
    Angew. Chem. Int. Ed. 55, 10621 (2016).
  • 5. Otosu, T., Ishii, K. and Tahara, T.:
    "Microsecond protein dynamics observed at the single molecule level"
    Nat. Commun. 6, 7685/1-9 (2015).
  • 6. Nihonyanagi, S., Yamaguchi, S. and Tahara, T.:
    "Counterion effect on interfacial water at charged interfaces and its relevance to the hofmeister series"
    J. Am. Chem. Soc., 136, 6155-6158 (2014).
  • 7. Ishii, K. and Tahara, T.:
    "Two-dimensional fluorescence lifetime correlation spectroscopy. 1. Principle & 2. Application"
    J. Phys. Chem. B 117, 11414-11422 & 11423-11432 (2013).
  • 8. Mondal, J. A., Nihonyanagi, S., Yamaguchi, S. and Tahara, T.:
    "Three distinct water structures at a zwitterionic lipid/water interface revealed by heterodyne-detected vibrational sum frequency generation"
    J. Am. Chem. Soc., 134, 7842-7850 (2012).
  • 9. Nihonyanagi, S., Yamaguchi, S. and Tahara, T.:
    "Direct evidence for orientational flip-flop of water molecules at charged interfaces: a heterodyne-detected vibrational sum frequency generation study"
    J. Chem. Phys., 130, 204704/1-5 (2009).
  • 10. Takeuchi, S., Ruhman, S., Tsuneda, T., Chiba, M., Taketsugu, T. and Tahara, T.:
    "Spectroscopic tracking of structural evolution in ultrafast stilbene photoisomerization"
    Science 322,1073-1077 (2008).

研究成果(プレスリリース)

業績リスト

研究年次報告書

関連リンク

メンバーリスト

主宰者

田原 太平
主任研究員

メンバー

石井 邦彦
専任研究員
二本柳 聡史
専任研究員
MOHAMMED Ahmed
研究員
松﨑 維信
基礎科学特別研究員
SARKAR Bidyut
特別研究員
KUMAR Pardeep
特別研究員
SUNG Woongmo
特別研究員
LIU Li
特別研究員
CHANG Chun-Fu
特別研究員
WEI Feng
協力研究員
髙梨 司
訪問研究員
HEO Wooseok
訪問研究員
山口 祥一
客員主管研究員
大澤 正久
客員主管研究員
竹内 佐年
客員主管研究員
細井 晴子
客員研究員
藤野 竜也
客員研究員
岩村 宗高
客員研究員
MYALITSIN Anton
客員研究員
日下 良二
客員研究員
倉持 光
客員研究員
加藤 智子
アシスタント

採用情報

募集職種 応募締切
特別研究員募集(W20116) ポストが決まり次第

お問い合わせ先

〒351-0198 埼玉県和光市広沢2-1
物質科学研究棟S402
Email: tahei [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

Top