1. Home
  2. 研究室紹介
  3. 仁科加速器科学研究センター
  4. 理研BNL研究センター

仁科加速器科学研究センター 計算物理研究グループ

グループリーダー 出渕 卓(D.Sci.)

研究概要

出渕 卓 (D.Sci.)

2011年に新設された当研究グループは、米国ブルックヘブン研究所内に設立された理研BNL研究センターの一員として、素粒子・原子核理論に重要な役割を果たす大規模数値計算に関わる研究・開発を行います。核子などハドロンの内部構造を記述する量子色力学(QCD)をはじめとるする互作用の強い場の量子論を第一原理から摂動論に頼らずに解析することのできる格子ゲージ理論を主な専攻テーマとし、計算機の開発、計算方法の研究開発、素粒子・原子核・格子場の理論の研究、の3つを遂行します。
当グループでは1997年よりカイラル対称性と呼ばれる自然界を理解する上で重要な対称性を良く保った格子QCDのカイラルクォーク(ドメイン・ウォール・フェルミオン)を開拓し、小林益川理論の検証のために重要なCP非保存に関する物理量やミュー粒子の異常磁気能率へのハドロン寄与など様々なハドロン物理を研究しています。2004年度にQCDの計算のためにQCDOCと呼ばれる10Tflopsの並列式スーパーコンピューターを開発し、2012年度には第3世代のQCD専用計算機、QCDCQ(200Tflops (peak) /rack)の設置・運用を開始しています。

研究主分野

  • 数物系科学

キーワード

  • 素粒子
  • 原子核
  • 大規模数値計算
  • 量子場の理論
  • 格子理論

主要論文

  • 1.T. Blum, N. Christ, M. Hayakawa, T. Izubuchi, L. Jin, C. Jung and C. Lehner.:
    "Connected and leading disconnected hadronic light-by-light contribution to the muon anomalous magnetic moment with phys- ical pion mass"
    Physical Review Letteters Volume 118, Article 022005, (2017)
  • 2.T. Blum, P. A. Boyle, T. Izubuchi, L. Jin, A. Jüttner, C. Lehner, K. Maltman, M. Marinkovic, A. Portelli, and M. Spraggs (RBC and UKQCD Collaborations).:
    "Calculation of the Hadronic Vacuum Polarization Disconnected Contribution to the Muon Anomalous Magnetic Moment"
    Physical Review Letters Volume 116, Article 232002, (2016)
  • 3.Z.Bai,T.Blum,P.A.Boyle,N.H.Christ,J.Frison,N.Garron,T.Izubuchi,C.Jung,C.Kelly,C.Lehner, R. D. Mawhinney, C. T. Sachrajda, A. Soni, and D. Zhang (RBC and UKQCD Collaborations).:
    "Standard Model Prediction for Direct CP Violation in K → ππ Decay"
    Physical Review Letters Volume 115, Article 212001 (2015) [ Editors' suggestion ]
  • 4.Michael G. Endres, Andrea Shindler, Brian C. Tiburzi, Andre Walker-Loud.:
    "Massive photons: an infrared regularization scheme for lattice QCD + QED"
    Physical Review Letters, Volume 117
  • 5.T. DeGrand, M. Golterman, W. I. Jay, E. T. Neil, Y. Shamir and B. Svetitsky.:
    "Radiative contribution to the effective potential in composite Higgs models from lattice gauge theory"
    Phys. Rev. D94:5, 054501 (2016)
  • 6.Thomas Blum, Saumitra Chowdhury, Masashi Hayakawa, Taku Izubuchi.:
    "Hadronic light-by-light scattering contribution to the muon anomalous magnetic moment from lattice QCD"
    Phys.Rev.Lett. 114 (2015) 1, 012001, arXiv:1407.2923.
  • 7.Thomas Blum, Taku Izubuchi, Eigo Shintani.:
    "A new class of variance reduction techniques using lattice symmetries"
    Phys.Rev.D88 (2013) 094503 (6 pages)
  • 8.Tomomi Ishikawa, Thomas Blum, Masashi Hayakawa, Taku Izubuchi, Chulwoo Jung, Ran Zhou.:
    "Full QED+QCD Low-Energy Constants through Reweighting"
    Phys.Rev.Lett. 109 (2012) 072002 (5 pages).
  • 9.S. Meinel.:
    "Λc → Λl+νl form factors and decay rates from lattice QCD with physical quark masses"
    Phys. Rev. Lett. 118, no. 8, 082001 (2017)
  • 10.Yasumichi Aoki, Taku Izubuchi, Eigo Shintani, Amarjit Soni.:
    "Improved lattice computation of proton decay matrix elements"
    arXiv:1705.01338

研究成果(プレスリリース)

関連リンク

メンバーリスト

主宰者

出渕 卓
グループリーダー

メンバー

MEINEL Stefan
理研BNLセンター研究員
富谷 昭夫
基礎科学特別研究員
大木 洋
客員研究員

お問い合わせ先

〒351-0198 埼玉県和光市広沢2-1
Email: izubuchi [at] bnl.gov
※[at]は@に置き換えてください。

Top