1. Home
  2. 研究室紹介
  3. 仁科加速器科学研究センター

仁科加速器科学研究センター 理研BNL研究センター

理研BNL研究センター長 延與 秀人(D.Sci.)

研究概要

延與 秀人 (D.Sci.)

理研BNL研究センターは、米国ブルックヘブン国立研究所(BNL)に1997年4月に設立されました。当センターは、新世代の若い物理学者を養成することにより、スピン物理、格子QCD及びRHIC物理を含む強い相互作用の研究を行っています。当センターには3つの研究グループが置かれています。D. Kharzeevが率いる理論研究グループ、Y. Akibaが率いる実験研究グループ,T. Izubuchiが率いる計算物理研究グループです。これら3グループによる強力な研究プログラムに加え,当センターは大学との共同フェローシッププログ ラムも進めています。このフェローシッププログラムでは,有能な研究者が本務の大学でのテニュアトラックの地位を保持しつつ一定期間当センターにおける フェローの地位で研究を行うことができるものです。

研究主分野

  • 数物系科学

キーワード

  • ハドロン物理学
  • カイラル対称性
  • 核子構造
  • クォークグルオンプラズマ

主要論文

  • 1. PHENIX Collaboration, K. Adcox et al.:
    "Formation of dense partonic matter in relativistic nucleus-nucleus collisions at RHIC: Experimental evaluation by the PHENIX collaboration"
    Nucl.Phys.A 757 (2005) 184-283
  • 2. PHENIX Collaboration A. Adare et al.:
    "Observation of direct-photon collective flow in √sNN=GeV Au+Au collisions"
    Phys.Rev.Lett. 109 (2012) 122302
  • 3. PHENIX Collaboration A. Adare et al.:
    "Inclusive cross-section and double helicity asymmetry for π0 production in p+p collisions at √s=200 GeV: Implications for the polarized gluon distribution in the proton"
    Phys.Rev.D 76 (2007) 051106
  • 4. Daniel Boer et al.:
    "Gluons and the quark sea at high energies: Distributions, polarization, tomography"
    e-Print: 1108.1713
  • 5. Dmitri E. Kharzeev, Larry D. McLerran, and Harmen J. Warringa.:
    "The Effects of topological charge change in heavy ion collisions: 'Event by event P and CP violation'"
    Nucl.Phys.A 803 (2008) 227-253
  • 6. Frithjof Karsch, Dmitri Kharzeev and Kirill Tuchin.:
    "Universal properties of bulk viscosity near the QCD phase transition"
    Phys.Lett.B 663 (2008) 217-221
  • 7. Y. Hatta and M.A. Stephanov.:
    "Proton number fluctuation as a signal of the QCD critical endpoint"
    Phys.Rev.Lett. 91 (2003) 102003, and Phys.Rev.Lett. 91 (2003) 129901 (erratum)
  • 8. RBC and UKQCD Collaborations, T. Blum et al.:
    "Calculation of the hadronic vacuum polarization contribution to the muon anomalous magnetic moment"
    Phys.Rev.Lett. 121 (2018) 2, 022003
  • 9. RBC and UKQCD Collaborations, Z. Bai et al.:
    "Standard Model Prediction for Direct CP Violation in K→ππ Decay"
    Phys.Rev.Lett. 115 (2015) 21, 212001
  • 10. RBC-UKQCD Collaboration, C. Allton et al.:
    "Physical Results from 2+1 Flavor Domain Wall QCD and SU(2) Chiral Perturbation Theory"
    Phys.Rev.D 78 (2008) 114509

関連リンク

メンバーリスト

主宰者

延與 秀人
理研BNL研究センター長

お問い合わせ先

〒351-0198 埼玉県和光市広沢2-1

組織

理論研究グループ
八田 佳孝(Ph.D.)
実験研究グループ
秋葉 康之(D.Sci.)
計算物理研究グループ
出渕 卓(D.Sci.)

Top