1. Home
  2. 広報活動
  3. イベント/シンポジウム
  4. イベント

第2回中高生のためのオンライン特別授業「最近話題のあの技術・この技術」

第2回中高生のためのオンライン特別授業「最近話題のあの技術・この技術」イメージ

理研の5センターが中高生向けの特別授業を開催します。
シリーズ2回目の今回のテーマは「最近話題のあの技術・この技術」。
ニュースで聞いたことがあるあの技術、どんな研究が進んでいるんだろう?
名前は聞いたことがあるこの技術、研究ではどのように利用されているんだろう?
そんな疑問に理研の研究者がお答えする時間をご用意しました。

キーワードは「富岳」、サステイナブル農業、ゲノム編集、ワクチン開発、そして人工衛星!
ぜひこの機会に、あの技術、この技術について少しだけ詳しくなってください。

開催日 2021年1月15日(金)
時間 17:00-19:00
主な対象 中学生・高校生・高専生/一般
開催形式 オンライン開催
お申込み・視聴方法 ご参加を希望される方は、第2回中高生のためのオンライン特別授業「最近話題のあの技術・この技術」特設ページをご参照ください。
お問い合わせ 理化学研究所 特別授業係
Email:riken-special [at] ml.riken.jp※[at]を@置き換えてください。

先生の紹介

1限目 17:00-17:25
石川 裕 プロジェクトリーダーの写真

石川 裕 プロジェクトリーダー
計算科学研究センター フラッグシップ2020プロジェクト

「富岳」の開発 何が大変だった?

キーワードは「富岳」!計算速度4冠を達成し、飛沫の計算などでも話題となったスーパーコンピュータ「富岳」。今回は、「富岳」の開発プロジェクトを率いた石川プロジェクトリーダーが、「富岳」の開発について振り返ります。

2限目 17:25-17:50
市橋 泰範 チームリーダーの写真

市橋 泰範 チームリーダー
バイオリソース研究センター 植物-微生物共生研究開発チーム)

農家さんの匠の技を見える化

キーワードは「サステイナブル農業」!農業を取り巻く環境は、植物-微生物-土壌が複雑に関係しあった生態系です。この関係性を可視化することで、今まで農家さんの匠の技としてブラックボックスだった農法についてより良く理解することができ、新しい農業技術の開発に貢献する研究についてお話しします。

3限目 17:50-18:15
隅山 健太 チームリーダーの写真

隅山 健太 チームリーダー
生命機能科学研究センター 高速ゲノム変異マウス作製研究チーム)

驚異の発見・発明! ゲノム編集・CRISPR

キーワードは「ゲノム編集」と「進化」!ノーベル賞に輝いた「ゲノム編集・CRISPR」は、最近まで見逃されてきた驚異の新現象の発見です。さらにこれまでには考えられなかったような生命科学への応用が実現しました。CRISPRはこれまでの進化の常識も打ち砕きました。そのポイントをお話します。

4限目 18:15-18:40
増田 健一 チームリーダーの写真

増田 健一 チームリーダー
バトンゾーン研究推進プログラム 人工ワクチン研究チーム)

科学の力で生まれた新しいワクチン技術

キーワードは「ワクチン開発」!新しい感染症の多くは動物も人間も感染する病気(人獣共通感染症)と言われてます。人間だけでなく動物もウイルスから守ることは安心な暮らしのために必要です。新型コロナウイルスの感染症も含め、様々な感染症を防ぐために現代の科学から生まれた新しいワクチンについてお話します。

5限目 18:40-19:05
玉川 徹 主任研究員の写真

玉川 徹 主任研究員
開拓研究本部 玉川高エネルギー宇宙物理研究室)

人工衛星:宇宙を活用する技術

キーワードは「人工衛星!」国際宇宙ステーション、月ゲートウェイ、はやぶさ2から超小型衛星まで、宇宙を使った活動が急速に発展しています。人工衛星とその科学活用についてやさしく解説します。皆さんが大人になる頃には、自由に宇宙に行ける時代が来るかも。

Top