1. Home
  2. 広報活動
  3. イベント/シンポジウム
  4. イベント

理化学研究所 科学講演会「地球の未来を考えよう!~研究者の“わくわく”が未来を紡ぐ~」

理化学研究所 科学講演会チラシ

理化学研究所(理研)は、研究活動を紹介する機会として毎年、「科学講演会」を開催しています。今年度は日本科学未来館の未来館ホール(東京都江東区)にて、2024年2月23日(金・祝)に開催します。また、現地会場の様子をライブ配信します。

私たちは現在、エネルギーや食糧の問題、気候変動など、地球規模のさまざまな課題に直面しています。それらを解決に導くには、これまでにない新しい知恵が必要です。好奇心と発見の喜びを原動力に、研究者が“わくわく”しながら取り組む研究活動をご紹介します。

各講演時間内に、現地およびオンラインでご参加の皆さまからの質問時間を10分ほどご用意しています。プログラムの最後の講演者トークおよび全体質問では、会場でご参加いただいた方限定で、研究者への質問をお受けします。

プログラム

13:00 開場
13:30-13:35
開会のあいさつ
理事長 五神 真(ごのかみ・まこと)
13:35-14:15
石井 菜穂子の写真

招待講演「グローバル・コモンズ—私たちの地球―を守り育むために」
(講演30分、質疑応答10分)

石井 菜穂子(いしい・なおこ)
東京大学理事、未来ビジョン研究センター 教授、グローバル・コモンズ・センター ダイレクター

私たちの世界は、未曽有の地球環境危機に直面しています。私たちの今の経済の仕組みは、私たちの繁栄の基盤であり共有財産でもある安定的な地球環境システム(グローバル・コモンズ)を取り返しがつかないところまで毀損(きそん)しつつあります。私たちは今、ヒトが地球システムに多大な影響を与える「人新世」(じんしんせい)に入っているのです。では、環境危機を回避し、健全な地球を次の世代に引き継ぐために、私たちはどのように経済や暮らしの在り方を変えていかないといけないのか、そのために科学は何ができるのか、国際社会での最新の議論も交えて紹介します。

プラネタリー・バウンダリー 地球の限界の図プラネタリー・バウンダリー 地球の限界
14:15-14:25 休憩
14:25-14:55
三好 建正の写真

講演1「コンピュータの中にゲリラ豪雨を作る」
(講演20分、質疑応答10分)

三好 建正(みよし・たけまさ)
計算科学研究センター データ同化研究チーム チームリーダー

晴れていると思っていたら、急にもくもくと雲が湧き立って大雨になる―地球温暖化が進み、「ゲリラ豪雨」が増えています。神出鬼没なゲリラ豪雨を、コンピュータの中で再現することで事前に予測できたら!そんな研究に取り組んで約10年、2021年の東京オリンピック・パラリンピックの期間中に30分先を予測する実証実験に成功しました。コンピュータの中にゲリラ豪雨を作れるなら、発生原因を見つけて取り除けばゲリラ豪雨が抑えられる…?コンピュータの中で天気のカラクリを探って、予測し、さらには制御する。そんな“わくわく”する研究のお話をしたいと思います。

3次元的な降水分布の予測図2021年7月30日13時18分00秒(日本時間)を初期時刻とする13時33分00秒(15分先)の3次元的な降水分布の予測。色は雨の強さを示す。鉛直方向は3倍に引き伸ばしている。国土地理院の地図データを使用した。
14:55-15:25
中村 龍平の写真

講演2「深海巨大電池」
(講演20分、質疑応答10分)

中村 龍平(なかむら・りゅうへい)
環境資源科学研究センター 生体機能触媒研究チーム チームリーダー

私の研究現場は、深海底。そこには、熱水噴出孔と呼ばれる巨大な煙突のような構造物がいくつもそびえ立っています。約10年前、私の研究チームは「熱水噴出孔は地球が作り出した天然の電池である」という仮説を提唱しました。その仮説を証明するために、沖縄や極寒のアイスランドに行き、海底調査を進めてきました。そして、最近、海底発電現象の証明に成功しました。発電量は微量で、残念ながら人類のエネルギー需要を満たすような発電ではありません。しかし、この小さな発電は、私たちが取り組んでいる壮大な研究を明るく照らしてくれています。深海発電から視えてくる生命誕生の神秘、そして地球にやさしい未来のエネルギー技術について紹介します。

アイスランドでの海底調査の様子の画像アイスランドでの海底調査の様子。左に巨大な熱水噴出孔が見える。
15:25-15:55
杉本 慶子の写真

講演3「植物の驚異的なリプログラミング戦略に迫る」
(講演20分、質疑応答10分)

杉本 慶子(すぎもと・けいこ)
環境資源科学研究センター 細胞機能研究チーム チームリーダー

植物は、驚くべき再生能力を備えています。私たちの体は、傷ついても新しい手足が生えてくることはありませんが、植物の場合、茎を切って水につけておくと、新しい根が生え、新たな個体として生き延びることができます。植物は、自分が感じる「傷ついた」という信号をきっかけに、傷口付近の細胞をリプログラミングします。そして、違う細胞へと生まれ変わることで、器官が再生するのです。こうした植物再生メカニズムの新たな発見は、植物を食糧やエネルギーを生み出す生物資源として持続的に利用する上で非常に重要です。今、研究現場でどんな“わくわく”が起きているのか、植物の再生能力がもたらす未来への可能性はどう広がっているのか、お話しします。

傷をつけたモウセンゴケの葉から新しい茎葉が再生する様子の画像傷をつけたモウセンゴケの葉から新しい茎葉が再生する様子。薄緑の塊の一つ一つが新しい茎葉で、それぞれが成長して別のクローン個体になる。
15:55-16:05 休憩
16:05-16:50
全体ディスカッションおよび質問セッション
司会者:理事 仲 真紀子(なか・まきこ)
16:50 閉会

開催概要・申し込み方法等

開催日 2024年2月23日(金・祝)
時間 13:30-16:50(13:00開場)
対象 中学生 / 高校生 / 大学生/ 一般
会場 日本科学未来館 7階 未来館ホール
東京都江東区青海2丁目3番6号
現地参加の申し込み方法 科学講演会参加申込フォームからお申し込みください。
申し込み受付期間:
  • 第一弾 ~2月6日(火)
  • 第二弾 2月7日(水)~2月13日(火)
  • 第三弾 2月14日(水)~2月20日(火)10:00
  • 事前申し込み制です。
  • 参加人数の上限(230名)に達した場合、抽選とさせていただきます。
  • 一般の方も申し込みいただけますが、抽選となった場合、中高大学生の方を優先させていただきます。
  • 1グループ5名まで申し込み可能です。
  • 6名以上の申し込みや、中学校・高等学校・大学等、学校で団体申し込みをご希望の場合は、以下のメールアドレスにご連絡ください。
    event-koho [at] riken.jp ※[at]は@に置き換えてください
  • 小学生以下のご参加はご遠慮ください。
  • 抽選実施の有無にかかわらず、ご参加いただける方のみに当日参加に関するご案内のメールをお送りします。
    ※メール配信:
    • 第一弾でお申し込みの方:2月7日(水)
    • 第二弾でお申し込みの方:2月14日(水)
    • 第三弾でお申し込みの方:2月20日(火)
  • 抽選結果に関するお問い合わせはご遠慮ください。
現地参加の注意事項 以下の注意事項をご確認、ご了承の上、お申し込みください。
  • 本講演会をYouTubeでライブ配信します。その際、現地会場の様子が映ります。
  • 当日の講演会の様子を動画や写真で撮影し、理研のウェブサイト、印刷物等に掲載させていただくことがあります(掲載の際は個人の特定ができないように配慮いたします)。
  • 各種メディアによる取材・撮影が行われる場合があります。
  • 講演会へのご参加は無料です(日本科学未来館の常設展、ドームシアターへの入場には別途料金が必要です)。
ライブ配信 YouTubeライブ配信

予約不要・年齢問わずどなたでも視聴可

ライブ配信での質問 Slidoに質問を投稿してください

13:35-15:55の各講演時間内に、現地およびオンラインでご参加の皆さまからの質問時間を10分ほどご用意しています。16:05-16:50の全体質問は、現地でご参加の方に限らせていただきます。

アンケート 科学講演会アンケート
参加・視聴後、アンケートにご協力ください。
今後の参考にさせていただきます。

お知らせ

日本科学未来館のミュージアムショップで、理研グッズを販売しています。講演会の思い出にぜひご利用ください。

お問い合わせ先

理化学研究所 広報室
Email: event-koho [at] riken.jp(※[at]は@に置き換えてください。)

Top