1. Home
  2. 広報活動
  3. イベント/シンポジウム
  4. イベント

理化学研究所 科学講演会2024~研究者の“わくわく”が未来を紡ぐ~ 「AIでひらく未来への扉」

理化学研究所 科学講演会チラシ

理化学研究所(理研)は、研究活動を紹介する機会として1978年から年に一回「科学講演会」を開催しています。今年度は2024年8月24日(土)に、東京お台場にある日本科学未来館にて開催します。また、現地会場の様子をライブ配信します。

2024年度のテーマは「AIでひらく未来への扉」。好奇心と発見の喜びを原動力に、研究者が“わくわく”しながら取り組む研究活動を紹介します。
本講演会を通して、AIが切り拓く新たな研究展開について研究者と一緒に考えてみませんか?

各講演時間内に、現地およびオンラインで参加の皆さまからの質問時間を15分ご用意しています。さらに、プログラムの最後の「全体ディスカッションおよび質問セッション」では、現地参加者限定で研究者への質問をお受けします。ぜひ最後まで参加いただき、3名の研究者のトークをお楽しみください。

プログラム

12:30 開場
13:00-13:05
開会のあいさつ
理事長 五神 真(ごのかみ・まこと)
13:10-13:50
吉井 和佳の写真

講演1「スマートグラスによる人間拡張」
(講演25分、質疑応答15分)

吉井 和佳 (よしい・かずよし)
革新知能統合研究センター 目的指向基盤技術研究グループ 音響情景理解チーム チームリーダー

最近、カメラやマイクを搭載したスマートグラスが各社から発売されています。このようなモバイルデバイスは、手軽に映像を記録できたり、ナビゲーション情報を表示できたりするので大変便利です。しかし、スマートグラスは単なるセンサー・ディスプレイではありません。ここにAI機能が搭載されたら、私たちの生活はどう変わるでしょうか。本講演では「音」に着目して、自宅、オフィス、路上、パーティ会場など、どんな場所でも相手の声を聞きやすくして、音声コミュニケーションを支援する機能を実現する試みについて紹介します。

スマートグラスがリアルタイムで音声を文字に書き起こしている様子の画像スマートグラスがリアルタイムで音声を文字に書き起こしている様子
13:50-14:00 休憩
14:00-14:40
神田 元紀の写真

講演2「AI・ロボットによる科学の自動化と次世代化」
(講演25分、質疑応答15分)

神田 元紀(かんだ・げんき)
生命機能科学研究センター バイオコンピューティング研究チーム 上級研究員

私の研究室では、ロボットやAIを使って研究を自動化しています。最近は、再生医療で利用するための細胞を育てる条件を、人間無しに試行錯誤する双腕ロボット・AIシステムを開発しました。ロボットが培養した細胞は臨床研究で人間に移植されています。研究の自動化技術は、実際の医療現場や研究現場で使われ始めているのです。このように、ロボットやAIが研究をするようになると人間は用無しになるのでしょうか。どうやらそうではなさそうです。ロボットやAIと一緒に研究するとはどういうことなのか、一足先にその未来をのぞいている私から、思うところを紹介します。

汎用ヒト型ロボットLabDroidまほろ:人間と同じ道具を使う実験ロボットの図汎用ヒト型ロボットLabDroidまほろ:人間と同じ道具を使う実験ロボット
14:40-14:50 休憩
14:50-15:30
下郡 智美の写真

講演3「AIと子供の脳発達~可能性と課題~」
(講演:25分/質疑応答:15分)

下郡 智美(しもごおり・ともみ)
脳神経科学研究センター 脳発達分子メカニズム研究チーム チームリーダー(副センター長)

本講演では、AI技術が子供の脳発達に与える影響について、最新の研究を基に探ります。AIが教育や生活に与えるポジティブな効果として、個別化学習や認知機能の向上が挙げられますが、一方で、過度のスクリーンタイムや依存によるネガティブな影響も指摘されています。子供たちの健全な成長を支えるために、バランスの取れたAI利用方法や保護者の役割、社会的責任についても議論します。質疑応答を通じて、参加者との意見交換も行い、AI技術の未来と子供の発達に対する持続可能なアプローチを提案します。

親から鳴き方を学ぶマーモセットはAIから正しい鳴き方を学べるのか?のイメージ図親から鳴き方を学ぶマーモセットはAIから正しい鳴き方を学べるのか?
15:30-15:40 休憩
15:40-16:20
全体ディスカッションおよび質問セッション
司会:津村 育子(つむら・いくこ)
革新知能統合研究センター 高度研究支援専門職
16:20 閉会

開催概要・申し込み方法等

開催日 2024年8月24日(土)
時間 13:00-16:20(12:30開場)
対象 中学生 / 高校生 / 大学生/ 一般
会場 日本科学未来館 7階 未来館ホール
東京都江東区青海2丁目3番6号
現地参加の申し込み方法 科学講演会参加申込フォームからお申し込みください。
申し込み受付期間:7月1日(月)~7月24日(水)

申し込み受付後、ご参加いただける方にのみ参加に関する案内のメールをお送りします。メール配信は7月26日(金)を予定しています。申し込み完了時点では、参加は確定しておりませんのでご注意ください。

  • 事前申し込み制です。
  • 参加人数の上限に達した場合、抽選とさせていただきます。
  • 一般の方もお申し込みいただけますが、上限を超えた場合、中高大学生の方を優先させていただきます。
  • 1グループ5名までお申し込み可能です。
  • 中学校・高等学校・大学等、学校で団体申し込みをご希望の場合は、以下のメールアドレスにご連絡ください。
    event-koho [at] riken.jp ※[at]は@に置き換えてください
現地参加の注意事項 以下の注意事項をご確認、ご了承の上、お申し込みください。
  • 本講演会をYouTubeでライブ配信します。その際、現地会場の様子が映ります(個人の特定ができないように配慮いたします)。
  • 当日の講演会の様子を動画や写真で撮影し、理研のウェブサイト、印刷物等に掲載させていただくことがあります(個人の特定ができないように配慮いたします)。
  • 参加に際し配慮が必要な方は申込フォームの備考欄にご記入ください。お手伝いさせていただくスタッフの人数に限りがあり、お受けできない場合もございますのであらかじめご了承ください。
  • 各種メディアによる取材・撮影が行われる場合があります。
  • 講演会への参加は無料です(日本科学未来館の常設展・特別展・ドームシアターへの入場には入館料が必要です)。
ライブ配信 YouTubeライブ配信

予約不要・年齢問わずどなたでも視聴可

ライブ配信での質問 Slidoに質問を投稿してください
  • 13:10-15:30の各講演時間内に、現地およびオンラインでご参加の皆さまからの質問時間を15分ほどご用意しています。
  • 15:40-16:20の「全体ディスカッションおよび質問セッション」でのご質問は、現地でご参加の方に限らせていただきます。オンラインでご参加の方はご視聴のみ可能です。
アンケート 科学講演会アンケート 後日掲載予定
参加・視聴後、アンケートにご協力ください。

お知らせ

  • 2023年度の科学講演会「地球の未来を考えよう!~研究者の“わくわく”が未来を紡ぐ~」の動画をご覧いただけます。
  • 2023年度の科学講演会の学生参加者からの感想を一部ご紹介します。
    • *講演をしてくださった先生方が研究者を志したきっかけを知ることができ、質問セッションがとても参考になりました。自分の知らない世界に出会えてワクワクしました。
    • *研究者の方々がどんなことを考えて今まで生きてこられたのかのお話は、非常に興味深かったです。研究職は、積み重ねと出会いを以てやってこられたのだと知り、私もその道に挑戦してみたいと思うことができました。
    • *ディスカッションでは、何がきっかけで研究者を目指したかや、小さいときはどうだったか、問題の立て方など知りたいことが知れ、研究者の考え方がわかりました。
    • *質疑応答でどのような形で今の研究に繋がったのかを聞いて、自分の興味のあるものを突き詰めたり、人との関わりなど今後の進路の参考になりました。
  • 日本科学未来館1階ミュージアムショップで、理研グッズを販売しています。講演会の思い出にぜひご利用ください。
  • 現地参加の方には理研オリジナルのノベルティをプレゼントいたします。

お問い合わせ先

理化学研究所 広報室
Email: event-koho [at] riken.jp(※[at]は@に置き換えてください。)

Top