1. Home
  2. 研究室紹介
  3. 革新知能統合研究センター
  4. 社会における人工知能研究グループ

革新知能統合研究センター 経済経営情報融合分析チーム

チームリーダー 星野 崇宏(Ph.D.)

研究概要

星野 崇宏 (Ph.D.)

社会変動と技術革新の速度が増し社会経済の不確実性が高まる中で、政策や企業経営の意思決定は即応性と柔軟性が求められています。当チームは、政府・公的統計の精度、投資や経営意思決定に資する情報精度の向上のため、企業のビッグデータや政府統計・マクロデータなど異種データを融合させる技術の開発や、経済経営関連のデータ取得法を改善するための統計的機械学習や種々のAI技術の開発研究応用を行います。

研究テーマ:

  • データフュージョン法の開発
  • 経済経営分野でのデータ取得方法の改善
  • 経済経営分野でのビッグデータの匿名化解析

研究主分野

  • 経済 & 経営学

研究関連分野

  • 神経科学 & 行動科学
  • コンピューター科学
  • 数学
  • 社会科学 一般

主要論文

「*」は、理研外のみでの成果です。

  • 1. Shinoda, K., and Hoshino, T.:
    "Estimation of Local Average Treatment Effect by Data Combination".
    AAAI2022, Proceedings of the AAAI Conference on Artificial Intelligence (2022)
  • 2. Miyazaki, K., Hoshino, T., and Bockenholt, U:
    "Dynamic two stage modeling for category-level and brand-level purchases using potential outcome approach with semiparametric Bayes inference".
    Journal of Business & Economic Statistics, 39(3), 622-635(2021)
  • 3. Kato, T., and Hoshino, T.:
    "Semiparametric Bayesian multiple imputation for regression models with missing mixed continuous-discrete covariate".
    Annals of the Institute of Statistical Mathematics, 72(3), 803-825. (2020).
  • 4. Mitsuhiro, M., and Hoshino, T.:
    "Kernel Canonical Correlation Analysis for Data Fusion of Multiple Source Datasets".
    Japanese Journal of Statistics and Data Science, 3(2), 669-691. (2020)
  • 5. Takahata, K., and Hoshino, T.:
    "Parametric Identification of the Joint Distribution of the Potential Outcomes".
    Stat, 9(1), e254. DOI:10.1002/sta4.254
  • 6. Kato, R., and Hoshino, T.:
    "The impact of competitors store flyer advertisement on EDLP/HiLo chain performance in highly competitive retail market: GPS information and POS data approach in Japan".
    Journal of Advertising, 48(5), 569-587.(2020)
  • 7. Shimizu, Y., and Hoshino, T.:
    "Doubly Robust-type Estimation of Population Moments or Parameters in Biased Sampling".
    Stat, 8(1), e241. (2020)
  • 8. Igari, R., and Hoshino, T.:
    "Bayesian Data Combination Approach for Repeated Durations under Unobserved Missing Indicators"
    Computational Statistics & Data Analysis, 126, 150-166. (2018)
  • 9. *Okada,K. and Hoshino, T.:
    "Researchers’Choice of Number and Range of Levels in Experiments Affects the Resultant Variance-Accounted-For Effect Size".
    Psychonomic Bulletin & Review, 24(2), 607-616 (2017)
  • 10. *Hoshino, T.:
    "Semiparametric Bayesian Estimation for Marginal Parametric Potential Outcome Modeling: Application to Causal Inference".
    Journal of the American Statistical Association, 108, 1189-1204.(2013)

関連リンク

メンバーリスト

主宰者

星野 崇宏
チームリーダー

メンバー

新美 潤一郎
客員研究員
猪狩 良介
客員研究員
森脇 大輔
客員研究員
二荒 麟
研究パートタイマーⅠ
SCHNEIDER Jiyan Jonas
研究パートタイマーⅠ
鳥谷部 智規
研究パートタイマーⅠ
太田 悠太
研究パートタイマーⅠ
馬場先 薫
研究パートタイマーⅡ
橋本 大河
研究パートタイマーⅡ
栃沢 颯太
研究パートタイマーⅡ

お問い合わせ先

〒108-8345 東京都港区三田2-15-45 慶應義塾大学
経済学部
Email: bayesian [at] jasmine.ocn.ne.jp
※[at]は@に置き換えてください。

Top