1. Home
  2. 研究室紹介
  3. 革新知能統合研究センター
  4. 目的指向基盤技術研究グループ

革新知能統合研究センター iPS細胞連携医学的リスク回避チーム

チームリーダー 上田 修功(D.Eng.)

研究概要

上田 修功 (D.Eng.)

当チームでは、京都大学iPS細胞研究所(CiRA)との連携により、社会的急務となっているアルツハイマー病リスク予知のための基盤開発、および、iPS細胞そのものの安全性確保のための品質評価を支える基礎技術についての研究開発を行っています。前者の成果は、ソリューションを伴うアルツハイマー病リスク予知の可能性を向上し、後者により再生医療用の高品質なiPS細胞の蓄積が可能になります。

研究主分野

  • 臨床医学

研究関連分野

  • コンピューター科学
  • 地球科学

研究テーマ

  • アルツハイマー病リスク制御薬剤の同定
  • ゲノム異常の検証技術
  • iPS細胞やiPS細胞由来細胞の異常予知技術

主要論文

「*」は、理研外のみでの成果です。

  • 1.*Imamura, K., Izumi, Y., Watanabe, A., Tsukita, K., Woltjen, K., Yamamoto, T., Hotta, A., Kondo, H., Kitaoka, S., Ohta, A., Tanaka, A., Watanabe, D., Morita, M., Takuma, H., Tamaoka, A., Kunath, T., Wray, S., Furuya, H., Era, T., Makioka, K., Okamoto, K., Fujisawa, T., Nishitoh, H., Homma, K., Ichijo, H., Julien, J., Obata, N., Hosokawa, M., Akiyama, H., Kaneko, S., Ayaki, T., Ito, H., Kaji, R., Takahashi, R., Yamanaka, S., Inoue, H.:
    “The Src/c-Abl pathway is a potential therapeutic target in amyotrophic lateral sclerosis,”
    Science Translational Medicine, 9(391), eaaf3962 ,2017.
  • 2.*Shi, Y., Inoue, H., Wu, J. C., Yamanaka, S.:
    “Induced pluripotent stem cell technology: a decade of progress,”
    Nature Reviews Drug Discovery, 16, 115-130 (2017)
  • 3.*Ohara, R., Imamura, K., Morii, F., Egawa, N., Tsukita, K., Enami, T., Shibukawa, R., Mizuno, T., Nakagawa, M., Inoue, H.: “Modeling drug-induced neuropathy using human iPSCs for predictive toxicology,”
    Clinical Pharmacology & Therapeutics, 101(6), 754-762,2017.
  • 4.*Imamura, K., Sahara, N., Kanaan, N. M., Tsukita, K., Kondo, T., Kutoku, Y., Ohsawa, Y., Sunada, Y., Kawakami, K., Hotta, A., Yawata, S., Watanabe, D., Hasegawa, M., Trojanowski, J. Q., Lee, V. M., Suhara, T., Higuchi, M., Inoue, H.:
    “Calcium dysregulation contributes to neurodegeneration in FTLD patient iPSC-derived neurons,”
    Scientific Reports, 6, 34904,2016.
  • 5.*Hanatani, T., and Takasu, N.:
    “iPS cell stock project,”
    BIO Clinica, 31(11), 18-22, 2016.
  • 6.*Hanatani, T., and Takasu, N.:
    “Present and Future of an iPS Cell Stock for Regenerative Medicine,”
    Rinsho Byori, 65(2), 160-166,2017.

研究成果(プレスリリース)

関連リンク

メンバーリスト

主宰者

上田 修功
チームリーダー

メンバー

瀧川 一学
研究員
永橋 文子
技師
江浪 貴子
テクニカルスタッフⅠ
松林 由季
テクニカルスタッフⅠ
井上 育代
テクニカルスタッフⅠ
井上 治久
客員主管研究員
山本 拓也
客員研究員
中川 誠人
客員研究員

お問い合わせ先

京都大学 iPS細胞研究所
Email: naonori.ueda [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

Top