1. Home
  2. 研究室紹介
  3. 生命機能科学研究センター

生命機能科学研究センター 血管形成研究チーム

チームリーダー PHNG Li-Kun(Ph.D.)

研究概要

PHNG Li-Kun (Ph.D.)

全身に張り巡らされた血管のネットワークは、様々な器官への物質輸送に極めて重要です。血管網は血管が伸長と枝分かれを繰り返すことで形成されますが、細胞レベルで見ると、極性を持った血管内皮細胞の集団移動と結合、管腔の融合といった種々のステップがダイナミックに展開していきます。
当研究室では、ゼブラフィッシュをモデルに、こうした血管内皮細胞の挙動を統合し、複雑な血管網を形成するための基本原理を解明することを目指します。私 たちはこれまでに、内皮細胞の骨格を担うアクチン線維の特徴的な構造変化と細胞内局在が、血管形成の異なる複数のステップに寄与していることを明らかにしてきました。今後は、血管内皮細胞の動態および血管形成を駆動する力学的メカニズムと、それらを制御する分子メカニズムの解明を目指します。遺伝学的・生化学 的アプローチと最新のイメージング技術を駆使し、血管形成機構の全容解明に挑みます。

研究主分野

  • 生物学

研究関連分野

  • 総合生物

キーワード

  • 血管形成
  • 内皮細胞の動態
  • ゼブラフィッシュ

主要論文

「*」は、理研外のみでの成果です。

  • 1. Maung Ye SS, Phng LK.:
    "A cell-and-plasma numerical model reveals hemodynamic stress and flow adaptation in zebrafish microvessels after morphological alteration."
    PLOS Computational Biology 19(12), e1011665 (2023)
  • 2. Maung Ye SS, Kim JK, Carretero NT, Phng LK.:
    "High-Throughput Imaging of Blood Flow Reveals Developmental Changes in Distribution Patterns of Hemodynamic Quantities in Developing Zebrafish."
    Frontiers in Physiology 13, 881929 (2022)
  • 3. Phng LK, Belting HG.:
    "Endothelial cell mechanics and blood flow forces in vascular morphogenesis."
    Seminars in Cell & Developmental Biology
  • 4. Kondrychyn I, Kelly DJ, Taberner Carretero N, et al.:
    Marcksl1 modulates endothelial cell mechanoresponse to haemodynamic forces to control blood vessel shape and size"
    Nature Communications 11, 5476 (2020)
  • 5. *Gebala V, Collins R, Geudens I, Phng LK* and Gerhardt H* (*equal contribution):
    "Blood flow drives lumen formation by inverse membrane blebbing during angiogenesis in vivo"
    Nature Cell Biology 18(4), 443 - 451 (2016)
  • 6. *Phng LK, Gebala V, Bentley K, Philippides A, Wacker A, Mathivet T, Sauteur L, Stanchi S, HG Belting, Affolter M and Holger Gerhardt:
    "Formin-mediated actin polymerization at endothelial junctions is required for vessel lumen formation and stabilization"
    Developmental Cell 32, 123 - 132 (2015)
  • 7. *Phng LK*, Stanchi F and Gerhardt H* (*corresponding authors):
    "Filopodia are dispensable for endothelial tip cell guidance"
    Development 140, 4031 - 4040 (2013)
  • 8. *Phng LK, Potente M, Leslie JD, Babbage J, Nyqvist D, Lobov I, Ondr JK, Rao S, Lang RA, Thurston G and Gerhardt H:
    "Nrarp coordinates endothelial Notch and Wnt signalling to control vessel density in angiogenesis"
    Developmental Cell 16, 70 - 82 (2009)
  • 9. *Hellström M, Phng LK, Hofmann JJ, Wallgard E, Coultas L, Lindblom P, Alva J, Nilsson AK, Karlsson L, Gaiano N, Yoon K, Rossant J, Ireula-Arispe ML, Kalén M, Gerhardt H and Betsholtz C:
    "Dll4 signalling through Notch1 regulates formation of tip cells during angiogenesis"
    Nature 445, 776 - 770 (2007)

関連リンク

メンバーリスト

主宰者

PHNG Li-Kun
チームリーダー

メンバー

KONDRYCHYN Igor
研究員
CHEN Yan
特別研究員
Haymar Wint
特別研究員
CHEN Guihua
テクニカルスタッフⅡ
DA SILVA Jason Andrew
テクニカルスタッフⅠ
HU Mingzhao
大学院生リサーチ・アソシエイト
谷口 惠美
アシスタント

お問い合わせ先

〒650-0047 兵庫県神戸市中央区港島南町2-2-3
理研BDR 発生・再生研究棟C 2階
Email: likun.phng [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

Top