1. Home
  2. 研究室紹介
  3. バイオリソース研究センター

バイオリソース研究センター 遺伝子材料開発室

室長 三輪 佳宏(Ph.D.)

研究概要

プラスミド、BAC などのクローンセット、組換えアデノウイルス、発現ベクター、宿主などの遺伝子材料は、最も基本的な研究材料であり、基礎から応用までほとんど全てのライフサイエンス研究分野において用いられています。当室では、これらの研究材料を国内外の大学、研究機関より収集し、厳格な品質管理を行い、実験の再現性を確保した信頼性の高いヒト、動物および微生物由来の遺伝子材料を国内外に提供しています。このことにより、基礎からライフイノベーション・グリーンイノベーションまでの幅広い分野の研究開発の発展に貢献することを目指しています。当開発室は、2002年度から文部科学省ナショナルバイオリソースプロジェクト (NBRP) 「遺伝子材料」の中核機関として、わが国の当該リソース整備の責務を果たしています。

研究テーマ

  • 遺伝子リソースの収集・保存・提供
  • 遺伝子リソースの取扱い技術及び保存技術の開発
  • 遺伝子リソースの品質管理技術の開発
  • 組換えウイルス利用技術とその品質に関する技術開発
  • 医療・創薬開発、バイオマス利用に資する技術の開発

主要論文

  • 1.Inagawa, K., Miyamoto, K., Yamakawa, H., Muraoka, N., Sadahiro, T., Umei, T., Wada, R., Katsumata, Y., Kaneda, R., Nakade, K., Kurihara, C., Obata, Y., Miyake, K., Fukuda, K. and Ieda, M.:
    "Induction of cardiomyocyte-like cells in infarct hearts by gene transfer of Gata4, Mef2c, and Tbx5."
    Circ. Res., 111, 1147-1156 (2012)
  • 2.Kawashima, R., Abei, M., Fukuda, K., Nakamura, K., Murata, T., Wakayama, M., Seo, E., Hasegawa, N., Mizuguchi, H., Obata, Y., Hyodo, I., Hamada, H. and Yokoyama, K.:
    "EpCAM- and EGFR-targeted selective gene therapy for biliary cancers using Z33-fiber-modified adenovirus."
    Inter. J. Cancer, 129, 1244-1253 (2011)
  • 3.Masuya, H., Makita, Y., Kobayashi, N., Nishikata, K., Yoshida, Y., Mochizuki, Y., Doi, K., Takatsuki, T., Waki, K., Tanaka, N., Ishii, M., Matsushima, A., Takahashi, S., Hijikata, A., Kozaki, K., Furuichi, T., Kawaji, H., Wakana, S., Nakamura, Y., Yoshiki, A., Murata, T., Fukami, K., Sujatha, M. S., Ohara, O., Hayashizaki, Y., Obata, Y., Toyoda, T.:
    "The RIKEN integrated database of mammals."
    Nucleic Acids Research, 39, D861-D870 (2011)
  • 4.Pan, J., Nakade, K., Huang, Y-C., Zhu, Z-W., Masuzaki, S., Hasegawa, H., Murata, T., Yoshiki, A., Yamaguchi, N., Lee, C-H., Yang, W-C., Tsai, E-M., Obata, Y. and Yokoyama, K.:
    "Suppression of cell-cycle progression by Jun dimerization protein-2 (JDP2) involves downregulation of cyclin-A2."
    Oncogene, 29, 6245-6256 (2010)
  • 5.Fukuda, K., Abei, M., Ugai, H., Kawashima, R., Seo, E., Wakayama, M., Murata, T., Endo, S., Hamada, H., Hyodo, I., and Yokoyama, K.:
    "E1A, E1B double-restricted replicative adenovirus at low dose greatly augments tumor-specific suicide gene therapy for gallbladder cancer."
    Cancer Gene Therapy, 16, 126-136 (2009)
  • 6.Nakade, K., Pan, J., Yamasaki, T., Murata, T., Wasylyk, B. and Yokoyama, K.:
    "JDP2 (Jun dimerization protein 2)-deficient mouse embryonic fibroblasts are resistant to replicative senescence."
    J. Biol. Chem., 284, 10808-10817 (2009)
  • 7.Yamasaki, T., Takahashi, A., Pan. J., Yamaguchi. N. and Yokoyama, K.:
    "Phosphorylation of activation transcription factor-2 (ATF-2) at serine 121 by protein kinase C controls c-Jun-mediated activation of transcription."
    J. Biol. Chem., in press (2009)
  • 8.Hirano, T., Ike, F., Murata, T., Obata, Y., Utiyama, H. and Yokoyama, K.:
    "Genes encoded within 8q24 on the amplicon of a large extrachromosomal element are selectively repressed during the terminal differentiation of HL-60 cells."
    Mutation Research 640, 97-106 (2008)
  • 9.Murata, T., Shinozuka, Y., Obata, Y. and Yokoyama, K.:
    "Phosphorylation of two eukaryotic transcription factors, Jun dimerization protein 2 and activation transcription factor 2, in Escherichia coli by Jun N-terminal kinase 1."
    Anal. Biochem. 376, 115-121 (2008)
  • 10.Nakade, K., Pan, J., Yoshiki, A., Ugai, H., Kimura, M., Liu, B., Li, H., Obata, Y., Iwama, M., Itohara, S., Murata, T. and Yokoyama, K.:
    "JDP2 suppresses adipocyte differentiation by regulating histone acetylation."
    Cell Death and Differentiaton 14, 1398-1405 (2007)

関連リンク

メンバーリスト

主宰者

三輪 佳宏
室長

メンバー

村田 武英
専任研究員
中出 浩司
開発研究員
岸川 昭太郎
開発技師
久次米 夕佳里
テクニカルスタッフⅡ
栗原 千登勢
テクニカルスタッフⅡ
酒寄 めぐみ
テクニカルスタッフⅡ
益﨑 智子
テクニカルスタッフⅡ
中村 宣篤
テクニカルスタッフⅡ
中島 謙一
テクニカルスタッフⅡ
谷川 由希子
テクニカルスタッフⅡ
笹沼 俊一
テクニカルスタッフⅡ

お問い合わせ先

〒305-0074 茨城県つくば市高野台3-1-1

Top