1. Home
  2. 研究室紹介
  3. 脳神経科学研究センター

脳神経科学研究センター グリア-神経回路動態研究チーム

チームリーダー 長井 淳(Ph.D.)

研究概要

長井 淳(Ph.D.)

私たちは、“脳の残り半分”を占めるグリア細胞とニューロンの連関に視座を置き、脳機能の発揮メカニズムを研究しています。特に、グリアの一種であるアストロサイトの行動神経科学的役割を多階層解析することを主な目的としています。光/薬理遺伝学、2光子イメージング、電気生理学、分子発現網羅解析を用いた多面的アプローチを採用、また開発し、なぜ私たちがアストロサイトがひしめく脳を持つに至ったのかという疑問に迫ります。さらに、神経・精神疾患モデルを用いてグリアの病態生理学的意義の解明し、診断/予防/治療法の提案を通して社会貢献を目指します。

研究主分野

  • 総合生物

研究関連分野

  • 複合領域
  • 生物学
  • 神経科学(神経生理学・神経科学一般、神経化学・神経薬理学)
  • 動物生理・行動
  • 分子生物学

キーワード

  • 適応行動
  • 認知と情動
  • グリア細胞
  • 細胞生理学
  • 遺伝学

主要論文

「*」は、理研外のみでの成果です。

  • 1. *(*co-first authors) *Yu, X., *Nagai, J., Khakh, B.S.:
    "Improved tools to study astrocytes."
    Nature Reviews Neuroscience 21,121-138. (2020).
  • 2. *Nagai, J., Rajbhandari, A.K., Gangwani, M.R., Hachisuka, A., Coppola, G., Masmanidis, S.C., Fanselow, M.S., Khakh, B.S.:
    "Hyperactivity with disrupted attention induced by activation of an astrocyte synaptogenic cue."
    Cell 177(5), 1280-92. (2019).
  • 3. *Lobas, M., Tao, R., Nagai, J., Kronschlager, M.T., Borden, P., Marvin, J.S., Looger, L.L., Khakh, B.S.:
    "A genetically encoded single-wavelength sensor for imaging cytosolic and cell surface ATP."
    Nature Communications, 10, 711. (2019)
  • 4. *Yu, X., Taylor, A.M.W., Nagai, J., Golshani, P., Evans, C.J., Khakh, B.S.:
    "Reducing astrocyte calcium signaling in vivo alters striatal microcircuits and causes repetitive behavior."
    Neuron, 99(6), 1170-87. (2018).
  • 5. *Nagai, J., Baba, R., Ohshima, T.:
    "CRMPs function in neurons and glial cells: a potential therapeutic target for neurodegenerative disease and CNS injury."
    Molecular Neurobiology, 54(6), 4243-42. (2017)
  • 6. *Nagai, J., Takaya, R., Piao, W., Goshima, Y., Ohshima, T.:
    "Deletion of Crmp4 attenuates CSPG-induced inhibition of axonal growth and induces nociceptive recovery after spinal cord injury."
    Molecular Cellular Neuroscience, 17, 74:42-48. (2016)
  • 7. *Nagai, J., Owada, K., Kitamura, Y., Goshima, Y., Ohshima, T.:
    "Inhibition of CRMP2 phosphorylation repairs CNS by regulating neurotrophic and inhibitory responses."
    Experimental Neurology, 277, 283-95. (2016)
  • 8. *Nagai, J., Kitamura, Y., Owada, K., Yamashita, N., Takei, K., Goshima, Y., Ohshima, T.:
    "Crmp4 deletion promotes recovery from spinal cord injury by neuroprotection and limited scar formation."
    Scientific Reports, 5, 8269. (2015)
  • 9. *Nagai, J., Goshima, Y., Ohshima, T.:
    "CRMP4 mediates MAG-induced inhibition of axonal outgrowth and protection against Vincristine-induced axonal degeneration."
    Neuroscience Letters, 519, 56-61. (2012)

メンバーリスト

主宰者

長井 淳
チームリーダー

採用情報

募集職種 応募締切
研究員募集(W20035) ポストが決まり次第
テクニカルスタッフ募集(W20036) ポストが決まり次第

お問い合わせ先

〒351-0198 埼玉県和光市広沢2番1号
中央棟6階S602
Email: jun.nagai [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

Top