1. Home
  2. 研究室紹介
  3. 生命医科学研究センター

生命医科学研究センター 免疫記憶研究チーム

チームリーダー 高村 史記(D.V.M., Ph.D.)

研究概要

高村史記

体内に侵入した微生物に対する抗原特異意的免疫応答、即ち獲得免疫が発動した後、反応した細胞集団の大部分が消失しますが、一部が長期生存能を獲得、即ちメモリー細胞へと分化して体内に維持され、同一抗原再暴露後に迅速かつ強力に反応することで標的を速やかに排除します。当研究室は、この免疫記憶成立機構に関して、特にウイルス感染細胞やがん細胞の排除に中心的な役割を担うCD8T細胞に焦点を当て研究を進めています。メモリーCD8T細胞は体内移行形態、増殖能、細胞傷害活性など異なる機能を持つ様々なサブセットに分類され、各サブセットが二次免疫応答に際して、感染局所における初期防御免疫や後期における最終的な病原体の排除など異なる役割分担を担っています。また、持続抗原刺激、もしくは炎症刺激など特定の条件下では、メモリーCD8T細胞の機能不全や過剰な機能発揮に伴う自己免疫疾患などの弊害が生じることも知られています。我々は各メモリーCD8T細胞サブセットの分化機構、維持機構、及び制御機構を正確に理解することで、目的の組織に適切なメモリーを配置する、即ち「良質なメモリーの誘導」を可能とする手法を開発し、感染症及びがんに対する新規ワクチン開発もしくは治療法開発に貢献したいと考えています。

研究主分野

  • 医歯薬学

研究関連分野

  • 生物学
  • 免疫学関連
  • ウイルス学関連
  • 腫瘍診断および治療学関連

キーワード

  • 免疫記憶
  • CD8T細胞
  • ワクチン
  • 感染防御
  • 腫瘍免疫

主要論文

「*」は、理研外のみでの成果です。

  • 1. *Takamura S.
    "Divergence of tissue-memory T cells: Distribution and function-based classification."
    Cold Spring Harb Perspect Biol 12: a037762 (2021).
  • 2. *Takamura S.
    "Impact of multiple hits with cognate antigen on memory CD8+ T cell fate."
    Int Immunol 32: 571-581 (2020).
  • 3. *Hayward SL, Scharer CD, Cartwright EK, Takamura S, Tiger li ZR, Boss JM, and Kohlmeier JK
    "Environmental cues regulate epigenetic reprograming of airway-resident memory CD8 T cells."
    Nat Immunol 21: 309-320 (2020).
  • 4. *Haratani K, Yonesaka K, Takamura S, Maenishi O, Kato R, Takegawa N, Kawakami H, Tanaka K, Hayashi H, Takeda M, Maeda N, Kagari T, Hirotani K, Tsurutani J, Nishio K, Doi K, Miyazawa M, and Nakagawa K.
    "U3-1402, a novel HER3-targeting antibody-drug conjugate, sensitizes HER3-expressing tumors to PD-1 blockade by immune activation."
    J Clin Invest 130: 374-388 (2020).
  • 5. *Wein AN#, McMaster SR#, Takamura S#, Dunbar PR, Cartwright EK, Hayward SL, McManus DT, Shimaoka T, Ueha S, Tsukui T, Masumoto T, Kurachi M, Matsushima K, and Kohlmeier JK. (#Equal contribute)
    "CXCR6 regulates localization of tissue-resident memory CD8 T cells to the airways."
    J Exp Med 216: 2748-2762 (2019).
  • 6. *Takamura S, Kato S, Motozono C, Shimaoka T, Ueha S, Matsuo K, Miyauchi K, Masumoto T, Katsushima A, Nakayama T, Tomura M, Matsushima K, Kubo M, and Miyazawa M.
    "Interstitial-resident memory CD8+ T cells sustain frontline epithelial memory in the lung."
    J Exp Med 216: 2736-2747 (2019).
  • 7. *Takamura S, and Kohlmeier JK.
    "Establishment and maintenance of conventional and circulation-driven lung-resident memory CD8+ T cells following respiratory virus infections."
    Front Immunol 10: 733 (2019).
  • 8. *Takamura S.
    "Niches for long-term maintenance of tissue-resident memory T cells."
    Front Immunol 9: 1214 (2018).
  • 9. *Takamura S, Yagi H, Hakata Y, Motozono C, McMaster SR, Masumoto T, Fujisawa M, Chikaishi T, Komeda J, Itoh J, Umemura M, Kyusai A, Tomura M, Nakayama T, Woodland DL, Kohlmeier JE, and Miyazawa M.
    "Specific niches for lung-resident memory CD8+ T cells at the site of tissue regeneration enable CD69-independent maintenance."
    J Exp Med 213: 3057-3073 (2016)
  • 10. *Takamura S, Roberts AD, Jelley-Gibbs DM, Wittmer S, Kohlmeier JE, and Woodland DL.
    "The route of priming influences the ability of respiratory virus-specific memory CD8+ T cells to be activated by residual antigen."
    J Exp Med 207: 1153-1160 (2010).

メンバーリスト

主宰者

高村 史記
チームリーダー

採用情報

募集職種 応募締切
研究員または特別研究員募集(IMS314-2202) ポストが決まり次第

お問い合わせ先

〒230-0045 神奈川県横浜市鶴見区末広町1-7-22 北研究棟4階
Tel: 045-503-7039
Email: shiki.takamura [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

Top