1. Home
  2. 研究室紹介
  3. 生命機能科学研究センター

生命機能科学研究センター 生体モデル開発チーム

チームリーダー 清成 寛(Ph.D.)

研究概要

清成 寛 (Ph.D.)

当チームは、実験動物の系統維持・管理、遺伝学、発生・生殖工学に関する技術開発、技術支援を通して、理研神戸事業所における様々な動物実験をサポートすると共に、適正な動物実験を推進するための教育訓練も行っています。また、理研のみならず国内外の研究者を対象として、最先端技術を駆使した遺伝子改変マウス作製支援を展開し、これまでに2500を超える遺伝子改変マウス系統を樹立しました。更には、その作製の効率化、高速化を目指した技術開発や、医学・生物学研究分野において広く有用なレポーターマウスの開発、マウス初期胚の発生研究などを進めています。近年は、新たなモデル動物(ヤモリ、スンクス、オポッサム、トゲマウスなど)の開発にも取り組んでいます。

研究主分野

  • 分子生物 & 遺伝学

研究関連分野

  • 生物学 & 生化学
  • 神経科学 & 行動科学

研究テーマ

  • 生殖・発生工学技術の開発
  • 新たなマウス初期胚発生解析法の確立

主要論文

  • 1.Nakao, H., Harada, T., Nakao, K., Kiyonari, H., Inoue, K., Furuta, Y., and Aiba, A.:
    "A possible aid in targeted insertion of large DNA elements by CRISPR/Cas in mouse zygotes."
    Genesis, 54(2):65-77, 2016.
  • 2.Yoshida, M., Kajikawa, E., Kurokawa, D., Tokunaga, T., Onishi, A., Yonemura, S., Kobayashi, K., Kiyonari, H., and Aizawa, S.:
    "Conserved and divergent expression patterns of markers of axial development in eutherian mammals."
    Dev. Dyn., 245(1): 67-86, 2016.
  • 3.Hara, Y., Tatsumi, K., Yoshida, M., Kajikawa, E., Kiyonari, H., and Kuraku, S.:
    "Optimizing and benchmarking de novo transcriptome sequencing: from library preparation to assembly evaluation."
    BMC Genomics, 16(1):977, 2015.
  • 4.Popov, L.M., Marceau, C.D., Starkl, P.M., Lumb, J.H., Shah, J., Guerrera, D. Cooper, R.L., Merakou. C., Bouley. D.M., Meng, W., Kiyonari, H., Takeichi, M., Galli, S.J., Bagnoli, F., Citi, S., Carette, J.E., and Amieva, M.R.:
    "The adherens junctions control susceptibility to Staphylococcus aureus α-toxin."
    Proc. Natl. Acad. Sci. U S A, 112(46): 14337-14342, 2015.
  • 5.Hirate, Y., Hirahara, S., Inoue, K., Kiyonari, H., Niwa, H., and Sasaki, H.:
    "Par-aPKC-dependent and -independent mechanisms cooperatively control cell polarity, Hippo signaling, and cell positioning in 16-cell stage mouse embryos."
    Dev. Growth Differ., 57(8): 544-556, 2015.
  • 6.Katayama, A., Nakatsuka, A., Eguchi, J., Murakami, K., Teshigawara, S., Kanzaki, M., Nunoue, T., Hida, K., Wada, N., Yasunaka, T., Ikeda, F., Takaki, A., Yamamoto, K., Kiyonari, H., Makino, H., and Wada, J.:
    "Beneficial impact of Gpnmb and its significance as a biomarker in nonalcoholic steatohepatitis."
    Sci. Rep., 5:16920, 2015.
  • 7.Imai, Y., Kobayashi, Y., Inoshita, T., Meng, H., Arano, T., Uemura, K., Asano, T., Yoshimi, K., Zhang, CL., Matsumoto, G., Ohtsuka, T., Kageyama, R., Kiyonari, H., Shioi, G., Nukina, N., Hattori, N., and Takahashi, R.:
    "The Parkinson's Disease-Associated Protein Kinase LRRK2 Modulates Notch Signaling through the Endosomal Pathway."
    PLoS Genet., 11(9): e1005503, 2015.
  • 8.Nakatsu, Y., Iwashita, M., Sakoda, H., Ono, H., Nagata, K., Matsunaga, Y., Fukushima, T., Fujishiro, M., Kushiyama, A., Kamata, H., Takahashi, S., Katagiri, H., Honda, H., Kiyonari, H., Uchida, T., and Asano, T.:
    "Prolyl isomerase Pin1 negatively regulates AMP-activated protein kinase (AMPK) by associating with the CBS domain in the γ subunit."
    J. Biol. Chem., 290(40): 24255-24266, 2015.
  • 9.Kurimoto, K., Yabuta, Y., Hayashi, K., Ohta, H., Kiyonari, H., Mitani, T., Moritoki, Y., Kohri, K., Kimura, H., Yamamoto, T., Katou, Y., Shirahige, K., and Saitou, M.:
    "Quantitative Dynamics of Chromatin Remodeling during Germ Cell Specification from Mouse Embryonic Stem Cells."
    Cell Stem Cell. 16(5): 517-532, 2015.
  • 10.Lee, M.S., Hwang, K.S., Oh, H.W., Ji-Ae, K., Kim, H.T., Cho, H.S., Lee, J.J., Yeong Ko, J., Choi, J.H., Jeong, Y.M., You, K.H., Kim, J., Park, D.S., Nam, K.H., Aizawa, S., Kiyonari, H., Shioi, G., Park, J.H., Zhou, W., Kim, N.S., and Kim, C.H.:
    "IFT46 plays an essential role in cilia development."
    Dev. Biol. 400(2): 248-257, 2015.

研究成果(プレスリリース)

関連リンク

メンバーリスト

主宰者

清成 寛
チームリーダー

メンバー

阿部 高也
研究員
古田 泰秀
研究員
井上 健一
テクニカルスタッフⅠ
山本 大輔
テクニカルスタッフⅠ
中野 浩平
テクニカルスタッフⅠ
野村 弥和子
テクニカルスタッフⅡ
坂東 可菜
テクニカルスタッフⅡ
繁田 麻葉
テクニカルスタッフⅡ
金子 麻里
テクニカルスタッフⅡ
東川 倫子
テクニカルスタッフⅡ
綿世 恵美
テクニカルスタッフⅡ
白石 亜紀
テクニカルスタッフⅡ
徳永 友子
テクニカルスタッフⅡ
佐藤 美帆
テクニカルスタッフⅡ
野田 満紗子
テクニカルスタッフⅡ
秋山 花梨
テクニカルスタッフⅡ
德原 智子
テクニカルスタッフⅡ
奥川 雅代
アシスタント

採用情報

募集職種 応募締切
テクニカルスタッフ募集(ARGE1901) ポストが決まり次第

お問い合わせ先

〒650-0047 兵庫県神戸市中央区港島南町2-2-3 理研BDR 発生・再生研究棟B 1階
Email: hkiyo [at] cdb.riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

Top