1. Home
  2. 研究室紹介
  3. 生命機能科学研究センター

生命機能科学研究センター 冬眠生物学研究チーム

チームリーダー 砂川 玄志郎(M.D., Ph.D.)

研究概要

砂川 玄志郎

一部の哺乳類は自ら代謝を低下させ休眠という省エネ状態(能動的低代謝)に入ります。数ヶ月の休眠を冬眠、数時間の休眠を日内休眠と呼びます。冬眠動物のように人間を安全に休眠状態に誘導できれば、救命できない症例を減らしたり、重症患者の搬送、臓器の長期保存、全身麻酔の安全化など、臨床の様々な問題点をクリアできると考えられています。さらに、人工冬眠によって寿命を延伸できれば、未来へ行ったり、地球から離れた遠くの宇宙に旅することなど、人類の既存の時空感覚を大きく拡張できる可能性があります。人工冬眠の実現を目指して、冬眠の基本原理を解明します。

研究主分野

  • 生物学

研究関連分野

  • 工学
  • 複合領域
  • 総合生物
  • 医歯薬学

主要論文

  • 1. Koukyou Suita, Kiyomi Ishikawa, Mari Kaneko, et al.
    "Mouse embryonic stem cells embody organismal-level cold resistance."
    Cell Rep. VOLUME 42, ISSUE 8(2023) doi: 10.1016/j.celrep.2023.112954
  • 2. Kyo S, Murata K, Kawatou M, et al.
    "Quiescence-inducing neurons-induced hypometabolism ameliorates acute kidney injury in a mouse model mimicking cardiovascular surgery requiring circulatory arrest."
    JTCVS Open 12,201-210(2022) doi:10.1016/j.xjon.2022.11.001
  • 3. Deviatiiarov R, Ishikawa K, Gazizova G, et al.
    "Integrative transcription start site analysis and physiological phenotyping reveal torpor-specific expression program in mouse skeletal muscle.
    Communications Biology 4, 1290 (2021) doi:10.1038/s42003-021-02819-2
  • 4. Takahashi TM, Sunagawa GA, Soya S, et al.
    "A Discrete Neuronal Circuit that induces Hibernation-like State in Rodents.
    Nature 583, 109–114(2020) doi:10.1038/s41586-020-2163-6
  • 5. Sunagawa GA, Takahashi M,.
    "Hypometabolism during Daily Torpor in Mice is Dominated by Reduction in the Sensitivity of the Thermoregulatory System."
    Sci. Rep. 6, 37011(2016) doi:10.1038/srep37011
  • 6. Tatsuki F, Sunagawa GA, Shi S, et al.
    "Involvement of Ca2+-Dependent Hyperpolarization in Sleep Duration in Mammals."
    Neuron 90: 70–85(2016) doi:10.1016/j.neuron.2016.02.032
  • 7. Sunagawa GA, Sumiyama K, Ukai-Tadenuma M, et al.
    "Mammalian Reverse Genetics without Crossing Reveals Nr3a as a Short-Sleeper Gene."
    Cell Rep. 14, 662–677(2016) doi:10.1016/j.celrep.2015.12.052
  • 8. Sunagawa, GA, Séi H, Shimba S, et al.
    "FASTER: an unsupervised fully automated sleep staging method for mice."
    Genes Cells 18,502-518 (2013) doi:10.1111/gtc.12053

研究成果(プレスリリース)

関連リンク

メンバーリスト

主宰者

砂川 玄志郎
チームリーダー

メンバー

小野 宏晃
研究員
COUNTRY Michael
訪問研究員
石川 清美
テクニカルスタッフⅡ
綿木 彩賀
テクニカルスタッフⅡ
藤野 照子
テクニカルスタッフⅡ
松本 まきや
テクニカルスタッフⅡ
吹田 晃享
研修生
柿本 梨佐
研修生
吉田 裕城
研修生
釜谷 朋子
アシスタント

お問い合わせ先

〒650-0047 兵庫県神戸市中央区港島南町2-2-3
神戸地区 発生・再生研究棟
Email: lhb_info [at] ml.riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

Top