1. Home
  2. 研究室紹介
  3. 創発物性科学研究センター

創発物性科学研究センター 強相関界面研究グループ

グループディレクター 川﨑 雅司(D.Eng.)

研究概要

川﨑 雅司 (D.Eng.)

電子の電荷・スピン・軌道の自由度を様々に変化させた界面構造を設計し、量子物質の完全エピタキシー技術を駆使して接合デバイスや人工格子を創製しています。電場・磁場・光などの外場に対する応答を調べ、共役関係にない非自明な応答の詳細を調べるとともに、その巨大化に取り組みます。特に、量子伝導や界面磁性・界面抵抗の制御などを通して、新しい原理に基づくスイッチングデバイスやメモリー、太陽電池、センサーなどの雛形デバイスを開発し、強相関量子エレクトロニクスの基礎を構築します。

研究主分野

  • 総合理工

研究関連分野

  • 数物系科学

キーワード

  • 酸化物エレクトロニクス
  • トポロジカルエレクトロニクス
  • 界面工学
  • 量子輸送現象
  • 界面と超格子

主要論文

  • 1.Y. Ohuchi, J. Matsuno, N. Ogawa, Y. Kozuka, M. Uchida, Y. Tokura, and M. Kawasaki.:
    “Electric-field control of anomalous and topological Hall effects in oxide bilayer thin films”
    Nat. Commun., 9, 213 (2018)
  • 2.D. Maryenko, A. McCollam, J. Falson, Y. Kozuka, J. Bruin, U. Zeitler, and M. Kawasaki.:
    “Composite fermion liquid to Wigner solid transition in the lowest Landau level of zinc oxide”
    Nat. Commun., 9, 4356 (2018)
  • 3.S. Nishihaya, M. Uchida, Y. Nakazawa, M. Kriener, Y. Kozuka, Y. Taguchi, and M. Kawasaki.:
    “Gate-tuned quantum Hall states in Dirac semimetal (Cd1-x Znx)3As2
    Sci. Adv., 4, eaar5668 (2018)
  • 4.K. S. Takahashi, H. Ishizuka, T. Murata, Q. Wang, Y. Tokura, N. Nagaosa, and M. Kawasaki.:
    “Anomalous Hall effect derived from multiple Weyl nodes in high-mobility EuTiO3 films”
    Sci. Adv., 4, eaar7880 (2018)
  • 5.J. Falson, D. Tabrea, D. Zhang, I. Sodemann, Y. Kozuka, A. Tsukazaki, M. Kawasaki, K. von Klitzing, and J. H. Smet.:
    “A cascade of phase transitions in an orbitally mixed half-filled Landau level”
    Sci. Adv., 4, eaat8742 (2018)
  • 6.M. Nakamura, H. Hatada, Y. Kaneko, N. Ogawa, Y. Tokura, and M. Kawasaki.:
    “Impact of electrodes on the extraction of shift current from a ferroelectric semiconductor SbSI”
    Appl. Phys. Lett., 113, 232901-1-5 (2018)
  • 7.K. Yasuda, M. Mogi, R. Yoshimi, A. Tsukazaki, K. S. Takahashi, M. Kawasaki, F. Kagawa, and Y. Tokura.:
    “Quantized chiral edge conduction on domain walls of a magnetic topological insulator”
    Science, 358, 1311-1314 (2017)
  • 8.Y. Tokura, M. Kawasaki, and N. Nagaosa.:
    “Emergent functions of quantum materials”
    Nat. Phys., 13, 1056-1068 (2017)
  • 9.D. Maryenko, A.S. Mishchenko, M.S. Bahramy, A. Ernst, J. Falson, Y. Kozuka, A. Tsukazaki, N. Nagaosa, and M. Kawasaki.:
    “Observation of anomalous Hall effect in a non-magnetic two-dimensional electron system”
    Nat. Commun., 8, 14777 (2017)
  • 10.M. Nakamura, S. Horiuchi, F. Kagawa, N. Ogawa, T. Kurumaji, Y. Tokura, and M. Kawasaki.:
    “Shift current photovoltaic effect in a ferroelectric charge-transfer complex”
    Nat. Commun., 8, 281 (2017)

研究成果(プレスリリース)

関連リンク

メンバーリスト

主宰者

川﨑 雅司
グループディレクター

メンバー

高橋 圭
上級研究員
中村 優男
上級研究員
MARYENKO Denis
研究員
松野 丈夫
客員研究員

採用情報

募集職種 応募締切
研究員または上級研究員(無期雇用職)募集(20W12) 2020年4月23日

お問い合わせ先

〒351-0198 埼玉県和光市広沢2-1
フロンティア中央研究棟 308
Tel: 048-467-9604
Email: m.kawasaki [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

Top