1. Home
  2. 研究室紹介
  3. 環境資源科学研究センター

環境資源科学研究センター 機能有機合成化学研究チーム

チームリーダー ILIES Laurean(Ph.D.)

研究概要

ILIES Laurean (Ph.D.)

当チームは、『次世代有機合成法』の開発及びその合成法を利用した機能性有機分子の創製に取り組んでいます。我々が目指す『次世代有機合成法』とは、高効率で進行する生体内反応にインスパイアされた、反応活性点や保護基を持たない分子を直裁的かつ選択的に反応させる方法です。我々は精密に設計した触媒系を用いて、複雑な化合物を簡便かつ選択的に合成することで『次世代有機合成』の実現を目指します。また、マンガン、鉄、コバルト、銅などの普遍金属を触媒として用いた有機合成反応の開発にも取り組んでいます。

研究主分野

  • 化学

研究関連分野

  • 複合領域
  • 工学

キーワード

  • 有機合成化学
  • 普遍金属触媒
  • 機能性分子
  • 炭素水素結合活性化

主要論文

「*」は、理研外のみでの成果です。

  • 1.*Zhou, B., Sato, H., Ilies, L., and Nakamura, E.
    “Iron Catalyzed Remote Arylation of Aliphatic C-H Bond via 1,5-Hydrogen Shift”
    ACS Catal., 8, 8 (2018).
  • 2.*Ilies, L., Isomura, M.; Yamauchi, S., Nakamura, T., and Nakamura E.
    “Indole Synthesis via Cyclative Formation of 2,3-Dizincioindoles and Regioselective Electrophilic Trapping”
    J. Am. Chem. Soc. 139, 23 (2017).
  • 3.*Yoshida, T., Ilies, L., and Nakamura, E.
    “Iron-Catalyzed Borylation of Aryl Chlorides in the Presence of Potassium t-Butoxide”
    ACS Catal., 7, 3199 (2017).
  • 4.*Shang, R., Ilies, L., and Nakamura, E.
    “Iron-Catalyzed ortho C–H Functionalization of Aromatics Bearing a Simple Carbonyl Group with Methylaluminum and Tridentate Phosphine Ligand”
    J. Am. Chem. Soc., 138, 10132 (2016).
  • 5.*Shang, R., Ilies, L., Asako, S., and Nakamura, E.
    “Iron-Catalyzed C(sp2)–H Bond Functionalization with Organoboron Compounds”
    J. Am. Chem. Soc., 136, 14349 (2014).
  • 6.*Ilies, L., Matsubara, T., Ichikawa, S., Asako, S., Nakamura E.
    “Iron-Catalyzed Directed Alkylation of Aromatic and Olefinic Carboxamides with Primary and Secondary Alkyl Tosylates, Mesylates, and Halides”
    J. Am. Chem. Soc., 136, 13126 (2014)
  • 7.*Matsubara, T., Asako S., Ilies, L., and Nakamura, E.
    “Synthesis of Anthranilic Acid Derivatives through Iron-Catalyzed Ortho Amination of Aromatic Carboxamides with N-Chloroamines”
    J. Am. Chem. Soc., 136, 646 (2014).
  • 8.*Chen, Q., Ilies, L., and Nakamura, E.
    “Cobalt-Catalyzed ortho-Alkylation of Secondary Benzamide with Alkyl Chloride through Directed C–H Bond Activation”
    J. Am. Chem. Soc., 133, 428 (2011).

関連リンク

メンバーリスト

主宰者

ILIES Laurean
チームリーダー

メンバー

浅子 壮美
上級研究員
武藤 雄一郎
上級研究員
RAMADOSS Boobalan
特別研究員
高橋 一光
特別研究員
DE Pinaki Bhusan
特別研究員
KULESHOVA Olena
訪問研究員

採用情報

募集職種 応募締切
研究員または特別研究員募集(W20094) ポストが決まり次第

お問い合わせ先

〒351-0198 埼玉県和光市広沢2-1 生物科学研究棟 N211

交通アクセス

Email: laurean.ilies [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

Top